nexus5Xを1ヶ月使ってみて本当にいいスマホだと実感したレビュー

nexus5x-一ヶ月使ってみた

nexus5XはAndroidスマホの中で、1番最高だと思った。

ワイモバイルのnexus5Xに、XperiaZ1から乗り換えて、1ヶ月がたった。

1ヶ月もnexus5Xを使っていたら、いいところや、悪いところが見えてくる。

僕が日常的にnexus5Xをどのように使っているのかというと、電話はもちろんのこと、ゲーム、LINE、ネット、FacebookやTwitterなどのSNSや、WordやExcelのちょっとした編集、ニュースを見たりと、プライベートから仕事まで、ごく一般的な使い方だ。

そんな、スマホの基本的な使い方で、nexus5Xはどのように、僕に感動を与えてくれたのか、レビューしようと思う。

イライラがない安定した動作

 

すらすら、ぬるぬると、指の動きに合わせて、アプリの切り替えや、スムーズに動いたりしてくれることに感動した。

最新のスマホはすらすら、ぬるぬる動いて当たり前になってきているが、nexus5Xはディスプレイが薄いため、指との距離がとても近く、より触って動かしている感覚になる。

メモリ2GBでも問題ない

ニュースアプリを開きながら、Wordを使ったり、ゲームをしたりしても、処理が遅くならないnexus5X。

最近のAndroidスマホのメモリは3GBが標準となってきているが、僕はそんなに必要はないと感じた。

メモリが2GBでも十分、快適に動く。

快適にゲームができる

モンストやツムツムなどのゲームをしているが、動きがカクカクすることなく、滑らかに動いてくれている。

モンストなどの2Dゲームはまだ、情報量が少なくて動きも早くなるのだが、3Dゲームになると、情報量が多くなり、その分動きが遅くなる。

白猫プロジェクトやサマナーズウォーが3Dゲームなのだが、プレイしてもストレスなく、快適にできた。

よくゲームする人でもnexus5Xは十分満足するだろう。

自然な色味のカメラ

nexus5XとXperiaZ1でカメラの色合いを比較してみた。

XperiaZ1は青みが強く、nexus5Xは黄色が強い。

風景をきれいに撮るのならXperiaZ1だが、食べ物をおいしく撮りたいのなら自然な色味のnexus5Xだろう。

今はアプリで写真を加工したりできるので、色味はあまり関係がないのかもしれないが、画質はキレイなので、いい写真が撮れる。

約1時間で100%充電ができる

nexus5Xの充電に使われているのは、USB type-Cというもので、より高速充電ができるようになったUSBケーブルだ。

それに、向きを気にすることなく挿すことができるため、地味に便利だ。

スマホのバッテリーは、充電ケーブルを挿しっぱなしにしていると、痛めてしまって、寿命が短くなる。
しかし、nexus5Xなら、出かける前の1時間で、100%まで充電ができるため、バッテリーの寿命も伸ばしてくれる。

指紋認証が便利すぎる

ポケットからnexus5Xを取り出しながら、背面にある指紋認証に、そっと人差し指を触れる。

すると、画面のロックが解除されて、すぐに操作することができる。

わずか1秒だ。

ポケットからスマホを取り出して、電源ボタンを押し、画面のロックをスライドさせて解除して、ようやく操作できるまで、2秒。

たった1秒の違いでも、nexus5Xの指紋認証に、感動を覚える早さと操作性の良さだ。

どこでも繋がり速度も速い

よく、ワイモバイルの通信エリアは狭くて繋がらないなど言われているが、それは昔の話であって、実際に使っている僕から言わせてもらえば、「山まで繋がるよ」と声を大にして言いたい。

なぜなら、自分で確かめたのだ。

ワイモバイルの公式サイトでエリアを確認したところ、高速通信ができる「LTE」は入らないが、携帯電話で使う回線の「3G」が使えた。

そして、実際に使ってみた結果、公式サイトに載っている情報は正確だとわかった。

黄色い画面が嫌な人はやめた方がいい

Galaxyの画面は青みが強くて、Xperiaやnexus5Xの画面は黄色が強い。

日本人は青みが強い画面の方が、きれいと認識してしまうため、黄色い画面が汚い、不良品だと感じる人が多い。

Nexus5Xを使っていても、画面の黄色っぽさは気にならない。むしろ、落ち着いた色合いで、目に負担があまりかからないため、僕はすごくいいと感じている。

黄色っぽい画面が嫌な人は、nexus5Xはやめた方がいい。

防水がないので雨でも注意

nexus5Xはに防水機能はない。

雨が降っているとき、当たらないかどうかを気にして触らなければならないのが、少し煩わしかったりする。

あとは、台所や洗面台などの水回りや、テーブルでも、飲み物の水滴などがあっただけでも、拭き取るなどして、注意をしないといけなくなる。

軽すぎて壊れないか心配

nexus5Xの重さは、136gとかなり軽い。そして薄い。

落としたら壊れてしまいそうなぐらい、軽くて薄いので、高い位置には置かないようにしている。

でも、nexus5Xは、繊維強化プラスチック素材というもので作られているそうで、身近なもので言えば、車のボディパーツや、お風呂のバスタブなどに使われている素材と同じだ。

意外に強度はそこそこあるのかもしれない。

料金が安いので文句なし
新規契約(16GB)
スマホプランS 5810円
スマホプランM 6350円
スマホプランL 7430円
MNPで契約(16GB)
スマホプランS 4190円
スマホプランM 4730円
スマホプランL 5810円
機種変更(16GB)
スマホプランS 5270円 
スマホプランM  5810円
 スマホプランL  6890円
新規契約(32GB)
スマホプランS 6026円
スマホプランM 6566円
スマホプランL 7646円
MNPで契約(32GB)
スマホプランS 4406円
スマホプランM 4946円
スマホプランL 6026円
機種変更(32GB)
スマホプランS 5486円 
スマホプランM  6026円
スマホプランL  7106円 

ドコモやauでAndroidスマホを契約した料金は、1万円前後だ。

それと比べて、乗り換えでワイモバイルと契約すると、最大で50%も料金を節約することができる。
nexus5Xを新規契約で購入するのは高くなる。機種変更か乗り換え(MNP)をおすすめする。

まとめ

ワイモバイルのnexus5Xにしてから、ゲームやWordなどの処理の早さなど、とても満足で、これ以上のスマホはないと感動した。

防水がないことや、画面が少し黄色みが強いのが嫌な人にはおすすめしない。
でも、防水がなくても、画面の色も気にしない人であれば、最高のスマホだと断言できる。

ぜひとも、GoogleとLGが共同開発した、純正のAndroidスマホに感動を覚えてほしい。



契約はオンラインストアで

ワイモバイルの契約なら、オンラインストアがってっとり早くて簡単だ。
わざわざ店舗に行かなくても、家で空いた時間に契約できるのがオンラインストアだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です