502HWはCA対応でテレビ機能を搭載したポケットWiFi

502hw

タブレットやスマホでテレビを見たいと思ったことはないだろうか。

ワイモバイルから販売されているポケットWi-Fi 502HWを使えば、地上デジタル放送「フルセグ」を見ることができる。

車の中や電車やバスの中、旅行先でもタブレットやスマホと、ポケットWi-Fi 502HWを持っていると、いつでもどこでもテレビを見ることができる。

月3991円から、キャリアアグリケーション対応の高速通信ができるため、仕事やプライベートでも活躍することだろう。

そんなポケットWi-Fi 502HWを詳しくみてみよう。

PocketWi-Fi 502HW

ワイモバイルのテレビ機能を搭載した、快適ハイスピードルーターの502HW。 

キャリアアグリケーション(CA)に対応したポケットWi-Fiで、スマホと同等か、それ以上の高速通信ができ、さらには、テレビの視聴までできる幅の広いポケットWi-Fiだ。
※キャリアアグリケーションとは、2つの周波数で通信を行い、安定した高速通信ができること。

テレビを視聴するには、タブレットやスマホに専用のアプリをインストールする必要がある。

Google playストアやApp storeで、「テレビ視聴」と検索するでてくる。HUAWEI(ファーウェイ)が提供しているアプリだ。

ワンセグだけではなく、フルセグも視聴することができる。
※フルセグとは、ワンセグよりもきれいにテレビ視聴ができる機能。

502HWの性能

サイズ 幅104 × 高さ60 × 厚さ18mm
重さ 150g
通信時間 10時間
バッテリー容量 3000mAh
接続台数 10台
通信方式 AXGPLTE
無線LAN規格 IEEE802.11 a/b/g/n/ac
通信速度

LTE: 下り 187Mbps/上り 37.5Mbps

AXGP:下り 165Mbps/上り 10Mbps

メーカー HUAWEI
価格 4万1400円

502HWはこんなポケットWi-Fi

ワイモバイルから販売されているポケットWi-Fiで、1番性能がいいのが502HWだ。

このポケットWi-Fiは、世界で3番目にシェアのある中国のファーウェイが製造していて、日本で流通しているポケットWi-Fiは、ほとんどファーウェイ製のものしかないぐらい、浸透しているメーカーだ。

このポケットWi-Fiでテレビを見ること以外に、連続で10時間も使えるため、ネットに繋いでゲームをする人や、ネットを使った仕事をしている人にとっては、たいへん便利なポケットWi-Fiではないだろうか。

502HWで使える無線LAN規格

502HWの無線LANは規格は、11ac/11b/11g/11nと、屋外で使用する機会が多いポケットWiFiだから、壁やビルなどの障害物に電波が妨害されにくく、11nは高速通信の規格で、速度も安定して速い。

無線LANとは、通信する周波数の特徴の違いで、「11n」「11a」「11g」「11b」の4つの規格がある。

「IEEE802.11n」(11ac)

 通信最高速度6.9Gbpsで、5GHzの周波数を使います。
 最新の規格で、電波同士の干渉や妨害が受けにくく、電波の届く範囲が広い。
 最高速度の6.9Gbpsは一般向けには販売されていない。
 1Gbpsぐらいまでなら、一般向けに販売されている。
 今後、主流となる無線LANの規格だ。

 「IEEE802.11n」(11n)

 通信最高速度600Mbpsで、2.4GHzと5.2GHzの周波数が使える。
 11b、11gや11aと高い互換性があるので高速通信が可能。
 でも、他の器機の電波同士がぶつかって妨害されてしまう。  

 「IEEE802.11g」(11g)

 通信最高速度54Mbpsで、2.4GHzの周波数が使える。
 対応しているWi-Fi器機が多いため、実用性に優れている。
 11bとの互換性がある。
 でも、他の器機からの電波同士の干渉や妨害されてしまう。

 「IEEE802.11b」(11b)

 通信最高速度11Mbpsで、2.4GHzの周波数が使える。
 対応している器機が多く、壁(コンクリート)や障害物に強く、他の部屋で通信する場合も安定する。
 11gとの互換性がある。
 でも、電波同士の干渉や妨害を受けやすく、通信速度が遅い。

502HWの料金
新規契約
PocketWi-Fiプラン2 3991円/7GB
機種変更
PocketWi-Fiプラン2  3991円/7GB

502HWをワイモバイルで契約するとき、新規契約や機種変更で料金の違いはない。

新規契約だろうが、機種変更だろうが、割引は一緒で、損をすることもなく、得をすることもない。

月3991円で、7GBの通信制限があるのだが、タブレットやスマホでテレビを見ない人は、401HWにする方が安い。

401HWは、1ヶ月に使える通信量が7GBまで使えて、月2678円で持つことができる。
通信量を増やす目的で購入するのなら、401HWをおすすめする。

401HWとの比較

新規契約
PocketWi-FiプランSS 2678円/7GB
機種変更
PocketWi-FiプランSS 2678円/7GB

月7GBまで通信が使えて、2678円の安さなら、401HWは502HWよりもコストパフォーマンスがいい。

しかし、401HWは連続で6時間しかバッテリーが持たない。
それに対して、502HWは10時間もバッテリーが持つ。

長時間使うことが目的なら、502HWの方をおすすめする。

店舗に行かなくても契約できる

ワイモバイルは、ネット通販で欲しい商品を買うように、実際のお店に行かなくても、オンラインストアで契約することができる。

なかなか休みが取れない人や、お店で店員と話しをするのが苦手な人は、ワイモバイルのオンラインストアからの契約をしてみてはいかがだろう。

最短で、2日後には家まで届けてくれて、とても便利だ。

まとめ

502HWについては以上だ。

このポケットWi-Fiは、長時間使うことを考えている人や、タブレットやスマホでテレビを見たい人に向いている。

通信量を増やすために、新たにポケットWi-Fiの購入を考えているのなら、この502HWにすると損をするだろう。


契約はオンラインストアで

ワイモバイルの契約なら、オンラインストアがってっとり早くて簡単だ。
わざわざ店舗に行かなくても、家で空いた時間に契約できるのがオンラインストアだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です