スマホプランLはたくさん通信を使う方向けで月5980円

ワイモバイルのスマホプランMの無料通話は満足しているが、月3GBの通信量が少ないと感じている人や、スマオで動画もよく見て、ゲームもそれなりにするとなると、通信量が心配。

そんな人には、スマホプランLをおすすめする。

スマホプランLはたくさん通信を使う人向けの料金プランで、詳しくわかりやすく説明したいと思う。

スマホプランL

ワイモバイルのスマホプランLは、毎日200MB以上の通信を行って、動画再生やゲームなどを1時間以上するヘビーユーザー向けの料金プランだ。

10分以内の電話なら無料

ワイモバイルのスマホプランの特徴として、10分以内の電話なら無料になるのだ。

月300回まで無料で電話ができ、合計で50時間分の通話が無料になる。それだけの通話をすると通常ならば、12万円分の通話料がかかってしまう。

そう考えると、かなりお得ではないだろうか。

通信料は7GBと多め

スマホプランLの1ヶ月に使える通信量は、7GBだ。

スマホの通信量の平均は、1ヶ月で3GB以下とデータが出ているため、スマホプランLの通信量は一般的な人にとっては多い。

一般的なスマホの使い方としては、ネット、LINE、ニュースアプリの閲覧などだ。

動画やゲームなどの通信を多く必要とすることには使う人たちにとっては、スマホプランLをおすすめするが、使いすぎには注意だ。

もともとの料金は高め

このスマホプランLの本来の料金は6980円で、スマホプラン割引適用後の料金が5980円だ。

本来の料金 割引適用後の料金
6980円 5980円

25ヶ月後には本来の料金に戻るので注意が必要だ。

2年目に機種変更をするか、ドコモやauに乗り換えるなどして、対策をしないといけない。
でもないと、1000円余分に払うことになる。

スマホプランの注意点

無料通話は300回まで

10分以内の通話で無料になるのは、300回までだ。

300回を超えて電話をしてしまうと、1分40円の通話料が発生してしまう。
さらに、10分を超えてしまった場合も、1分につき40円の通話料がかかる。

7GBを超えると速度が落ちる

スマホプランLの通信量は7GBと標準的だが、7GB以上の通信をしてしまうと、高速通信のLTEから低速通信の3Gしか使えなくなる。

LTEの通信速度はだいたい、速くて60Mbpsで遅くても6Mbpsだ。

3Gの通信速度は、128kbpsとなり、LTEと比べて、600倍も速度が落ちて制限されてしまう。

翌月にまた高速通信のLTEに戻るのだが、月の半ばで速度が遅くなったときは、かなり苛立ちを感じるだろう。

スマホの通信量に7GBは必要か

これは人それぞれの使い方による。

スマホでゲームをあまりしない人でも、動画をよく見ているとか、音楽をストリーミング再生で聴いているなど、常に通信をしているサービスを続けていると、すぐに速度制限される。

スマホをどこでどのように使うのかが重要になってくる。

ゲームも動画もあまりしない人は?

自宅にネット回線を引いてなくて、WiFi環境がない人は、スマホでネットをする頻度が高い。

スマホは人によって使い方が様々だが、ネット環境、通信の使用頻度などを把握することによって、月に7GB必要かどうか判断できる。

通話が300回を超えそうなら

プライベートや仕事で、よく自分のスマホから電話をかける時、10分以内に話は終わるものの、頻繁に繰り返して気がつけば、月の上限の300回を超えてしまい、通話料金があがってしまった。

なんてことや、300回なんて足りないと思う人は、スーパーだれとでも定額のオプションを追加するといいだろう。

スーパーだれとでも定額とは

スーパーだれとでも定額  1000円/月

10分以上、電話をしていても、月に300回以上、電話をかけても無料という、メリットしかないオプションだ。

無料通話 スーパー誰とでも定額
10分間 無制限
月300回まで 無制限

無料通話の回数が300回を超えてしまった時、料金が1000円以上増えていた方は必ず、スーパーだれとでも定額のオプションを追加すると、通話料の節約が必ずできる。
スーパーだれとでも定額について詳しくみる

通信量が超えそうなら

スマホプランLの通信量は7GBだ。

LINEやTwitter、Facebook、ニュース、ネットぐらいならまだ月7GBだけでも十分足りるのだが、通信量を多く使ってしまう動画やゲームなどを頻繁にするのは控えた方がいい。

外で通信をことなう時などは仕方ないのだが、自宅にいるときは必ずWi-Fiに接続してから動画やゲームをすると、通信量の節約ができる。

快適モードを追加する

もし、7GBを超えてしまったのなら、翌月まで通信の速度ががなり落ちてしまい、ろくにネットができない状態となってしまう。

快適モードというオプションで、500MBずつの通信量を500円で購入する方法もある。
快適モードについて詳しくみてみる

しかし、スマホプランLに快適モードで3GB以上の通信量を購入するぐらいなら、自宅にネット回線を引くか、ポケットWi-Fiを追加で購入するといいだろう。

ポケットWi-Fiを追加する

快適モードで3GBの通信量を購入すると、スマホプランLに快適モード代で3000円追加でかかってしまい、料金は8980円となる。

合計で10GBまで通信が可能になるのだが、料金が高くなってしまうため、お得ではないし、損をしている。

自宅にネット回線がない人は、通信量の追加を目的にポケットWi-Fiを購入するのをおすすめする。

506HWなら月2668円で、5GBまで通信をすることができるので、快適モードで通信量を購入しるよりも安くなり、2GBも通信量が多くなる。
506HWを詳しく見る 

スマホプランLに最適なスマホ

スマホプランLの1ヶ月に使える通信量は7GBで、たくさん通信を行う人向けの料金プランと言える。

たくさん通信を行う人は、性能の高いスマホを視野に入れているのではないだろうか。

しかし、たくさん通信はしたいけど、出来るだけ料金を抑えたいという人もいるだろう。

 性能の高いスマホを選ぶなら

nexus5X

iPhone5s

 

料金が安くなるスマホを選ぶなら

DIGNO E

 

まとめ

ワイモバイルのスマホプランLは、たくさん通信したい人や、自宅にネット回線を引いてない人向けの料金プランだ。

月7GBの通信量でも足りないと思う人は、快適モードで増やすよりも、ポケットWiFiを新たに契約するか、これを機に自宅にネット回線を引くなどして、通信できる量を増やす方がいい。


契約はオンラインストアで

ワイモバイルの契約なら、オンラインストアがってっとり早くて簡単だ。
わざわざ店舗に行かなくても、家で空いた時間に契約できるのがオンラインストアだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です