スマホプランSは電話をよくする人向けのプランで月2980円

ワイモバイルの料金と言えば、この価格が頭に思い浮かび、CMでも大々的に宣伝している。

スマホの料金で2980円は、ガラケー並の安さで、とても魅力に感じると思うかもしれないが、よく、スマホプランについて知っておかないと少し損をすることになる。

スマホプランS

ワイモバイルのスマホプランSは、どちらかと言えば、よく電話をかけ、スマホを使ってみたい人に向けたプランとなる。

10分以内の電話なら無料

ワイモバイルのスマホプランの特徴として、10分以内の電話なら無料になるのだ。

月300回まで無料で電話ができ、合計で50時間分の通話が無料になる。それだけの通話をすると通常ならば、12万円分の通話料がかかってしまう。

そう考えると、かなりお得ではないだろうか。

通信料は1GBと少なめ

スマホプランSの1ヶ月に使える通信量は、1GBだ。

スマホの通信量の平均は、1ヶ月で3GB以下とデータが出ているため、スマホプランSの通信量は2GBも少ない。

もともとの料金は高め

実はこのスマホプランSは既に、値引きしている料金で、もともとは月3980円だ。

本来の料金の3980円から、スマホプラン割引適用で2年間、1000円引きとなり、2980円になる。 

本来の料金 割引適用後の料金
3980円 2980円

25ヶ月後、つまり2年1ヶ月後には本来の料金に戻るのだ。
2年以上使い続けると、料金が1000円増し、余分に支払うことになる。

2年後に料金が高くなる対策として、ワイモバイルで機種変更をするか、auやドコモにMNP(乗り換え)をする必要がある。

スマホプランの注意点

無料通話は300回まで

10分以内の通話で無料になるのは、300回までだ。

300回を超えて電話をしてしまうと、1分40円の通話料が発生してしまう。
さらに、10分を超えてしまった場合も、1分につき40円の通話料がかかる。

1GBを超えると速度が落ちる

スマホプランSの通信量は1GBと少なく、1GB以上の通信をしてしまうと、高速通信のLTEから低速通信の3Gしか使えなくなる。

LTEの通信速度はだいたい、速くて60Mbpsで遅くても6Mbpsだ。

3Gの通信速度は、128kbpsとなり、LTEと比べて、600倍も速度が落ちて制限されてしまう。

翌月にまた高速通信のLTEに戻るのだが、 月の半ばで速度が遅くなったときは、かなり苛立ちを感じるだろう。

通話が300回を超えそうなら

プライベートや仕事で、よく自分のスマホから電話をかける時、10分以内に話は終わるものの、頻繁に繰り返して気がつけば、月の上限の300回を超えてしまい、通話料金があがってしまった。

なんてことや、300回なんて足りないと思う人は、スーパーだれとでも定額のオプションを追加するといいだろう。

スーパーだれとでも定額とは

スーパーだれとでも定額  1000円/月

10分以上、電話をしていても、月に300回以上、電話をかけても無料という、メリットしかないオプションだ。

無料通話 スーパー誰とでも定額
10分間 無制限
月300回まで 無制限

無料通話の回数が300回を超えてしまった時、料金が1000円以上増えていた方は必ず、スーパーだれとでも定額のオプションを追加すると、通話料の節約が必ずできる。
スーパーだれとでも定額について詳しくみる

通信量が超えそうなら

スマホプランSの通信量は1GBと、かなり少ない。

LINEやTwitter、Facebook、ニュース、ネットぐらいならまだ月1GBだけでも足りそうなのだが、あまり通信をしないことをおすすめする。

外で通信をことなう時などは仕方ないのだが、自宅にいるときは必ずWi-Fiに接続してから通信を行うと、通信量の節約ができる。

快適モードを追加する

もし、1GBを超えてしまったのなら、翌月まで通信の速度ががなり落ちてしまい、ろくにネットができない状態となってしまう。

快適モードというオプションで、500MBずつの通信量を500円で購入する方法もある。
快適モードについて詳しくみてみる

しかし、スマホプランSに快適モードで1GBの通信量を購入するぐらいなら、スマホプランMに変更した方が、いいだろう。

プランの変更をする

快適モードで1GBの通信量を購入すると、スマホプランSにオプション代に1000円追加でかかってしまい、料金は3980円となる。

合計で2GBまで通信が可能になるのだが、スマホプランMは3980円で、3GBまでの通信が可能で、1GBより多く通信ができるので、プランの変更することをおすすめする。

スマホプランSに最適なスマホ

スマホプランSは電話をよくかける人向けで、通信をあまり使用しない人のための料金プランだ。

仕事用にスマホを持つ場合など、2台目としてこのスマホプランSを選ぶといいかもしれない。

しかし、外であまり使わない、自宅にWi-Fiがある人にとって、このスマホプランSはかなりコスパがよく、月々の料金も節約できるのは間違いない。

 仕事用、2台目として持つなら

 DIGNO E

LUMIERE

 自宅にWi-Fiがあるなら

iPhone5s

まとめ 

スマホプランSは電話をよくする人、通信をあまりしない人におすすめできる料金プランだ。

絶対に、スマホでネットをしないと断言できる方はケータイプランの方が安い。

しかし、ちょっとした調べものや、LINEやメール、FacebookやTwitterなどのSNS、ニュースなどを毎日見ていても、月1Gの通信料で事足りる。

ただ、アプリのアップデートや動画を見る場合は、通信量がかなり圧迫されるので、自宅にいるときは、Wi-Fiに接続し、通信量の節約をしなければならない。


契約はオンラインストアで

ワイモバイルの契約なら、オンラインストアがってっとり早くて簡単だ。
わざわざ店舗に行かなくても、家で空いた時間に契約できるのがオンラインストアだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です