ワイモバイルでも便利なソフトバンクまとめて支払いができる

ネットショッピングで商品を購入するときに、スマホの料金と一緒に支払いをしたい人もいるだろう。

ドコモやau、ソフトバンクは、ほしい商品をスマホの料金と一緒に支払いができるサービスがある。

では、ワイモバイルはどうだろうか。

ワイモバイルはソフトバンクと同じ電波を使って、通信をしたり、電話をしたりしていて、もちろん、ネットショッピングの商品を、ワイモバイルのスマホの料金と一緒に支払いができる。

ワイモバイルのソフトバンクまとめて支払いについて、わかりやすく説明しようと思う。

ソフトバンクまとめて支払いとは

有料のアプリや曲、ショッピングなどで商品を購入するとき、クレジットか現金か、それとも、まとめて支払いかの選択がある。

ソフトバンクまとめて支払いを選択すると、買ったアプリや商品を、ワイモバイルの月々の支払いとまとめて請求できるサービスのこと。

ワイモバイルのスマホなのになぜ、ソフトバンクまとめて支払いなのかというと、ワイモバイルの親会社がソフトバンクで、まとめて支払いのサービスを共有できるのだ。

まとめて支払いの名称は、ソフトバンクだが、買った商品の代金はしっかり、ワイモバイルの料金と一緒に請求がくるので、安心だ。

対応しているスマホ

対応機種 ワイモバイルのスマホ タブレット
申込 不要
料金 無料(商品代は発生する

ケータイ(PHS)は対応していない。

代金の支払うタイミング

ソフトバンクまとめて支払いで商品を購入した場合、翌月のワイモバイルの料金と一緒に請求がくる。

例えば、10月に買った商品をまとめて支払いで購入した場合、実際に請求されるのは、翌月の11月にワイモバイルの料金と、買った商品分の料金の請求がくるというわけだ。

要するに、クレジットカードみたいな購入方法だ。

ソフトバンクまとめて支払いの上限

ソフトバンクまとめて支払いには、上限額が設定されている。

ワイモバイルのスマホを利用中の人 

年齢 3ヶ月以内 3ヶ月以上
12歳未満 2000円/月 2000円/月
20歳未満 5000円/月 2万円/月
20歳以上 5000円/月 10万円/月

他社から乗り換え(MNP)をした人

年齢 3ヶ月以内 3ヶ月以上
12歳未満 2000円/月 2000円/月
20歳未満 2万円/月 2万円/月
20歳以上 3万円/月 10万円/月

ソフトバンクまとめて支払いの上限額は年齢によって異なり、新規契約した人と、MNPした人でも上限額が違ってくる。

まとめ

ワイモバイルのソフトバンクまとめて支払いについて、わかっていただけただろうか。

月に支払いができる料金が決まっているため、使いすぎて数十万円という高額な請求は来ることがない。

たいへん便利な支払い方法だ。

使いすぎには注意だが、使ってみてはいかがだろう。


契約はオンラインストアで

ワイモバイルの契約なら、オンラインストアがってっとり早くて簡単だ。
わざわざ店舗に行かなくても、家で空いた時間に契約できるのがオンラインストアだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です