ワイモバイルのポケットWiFiプランSSはかなり安くコスパがいい

ワイモバイルのポケットWiFiがさらに安くなった。 

Wi-Fiルーター向けの料金プランに新しく追加されたポケットWiFiプランSS。

ポケットWiFiプランSよりもさらに安く、リーズナブルになったのだが、安さなりの内容を理解しないと、後々痛い目にあうことになる。

そうならないために、ポケットWiFiプランSSについて、詳しく説明したいと思う。

Pocket WiFiプランSS

ポケットWiFiプランSSとは、401HWという機種のWi-Fiルーター専用の料金プランで、月に5GBまでの通信が可能。
そして、ポケットWiFiプランの中で最も安く、2480円で4Gの高速通信ができるようになっている。

通信速度の制限されるタイミング

月の通信の使用量が、5GBを越える場合は、翌月まで通信速度が、まともに動画やwebサイトの閲覧ができないくらいに制限される。

さらに、3日で3GBを越える通信を行うと、当日の6時から、翌日の6時まで通信の混雑をさけるために、速度制限がかけられる。

以前は、3日で1GBだったのですが、2015年10月30日から、通信速度の規制が緩くなった。

契約の期間

ポケットWiFiプランSSだけではなく、他のポケットWiFiプランも3年間の契約期間が設定されている。

よく、スマホプランと勘違いをし、2年だと思い込んでいる人も多いので、気をつけていただきたいところでもある。

2015年10月 2018年11月 2021年11月
新規契約 更新月 更新月

上記の表は、契約した日付と次回の更新月を表したものだ。

更新月とは

2015年の10月に新規契約をした場合、更新月は3年後の2018年11月にやってくる。

この更新月とは、解約料を支払わなくてもいい月のことだ。

ポケットWiFiを使わなくなったと言って、3年も経たないうちに契約してしまうと、9500円の解約金を払わないといけない。

さらに、ポケットWiFiプランは自動で契約を更新していまい、3年後に解約する手続きをしない限り、継続となって、次回の更新月までの3年間、使わないといけなくなる。

メガ得キャンペーン2で通信量が7GBに 

ポケットWiFiプランSSの料金に満足したが、通信量に引っかかるときは、この「メガ得キャンペーン2」を適用すれば、ずっと2GBの通信量が増えて、合計で7GBまでの通信が可能となる。

3年間などの制限がなく、3年以降も基本的にはこのキャンペーンは継続する。

まとめ

ワイモバイルのポケットWiFiプランSSは確かに安いが、3年後の更新月を逃してしまうと、お得割がなくなってしまい、500円高く料金を支払いしないといけない。

「ポケットWiFi メガ得キャンペーン2」で期間とかもなく、ずっと2GBだけ通信量が増えて、合計で7GBの通信ができる。
これはポケットWiFiプランSと同じ料金、同じ制限となる。

しかし、3年後までこのキャンペーンが存在しているのかは、わからない。

このキャンペーンがなくなっているのなら、5GBの通信量で月2980円の料金は、安くない。

PocketWiFiプランSSで最も注意しなければならないのが、更新月だ。

この更新月について説明しない、されないショップ店員と当たった場合は、疑ってほしい。


契約はオンラインストアで

ワイモバイルの契約なら、オンラインストアがってっとり早くて簡単だ。
わざわざ店舗に行かなくても、家で空いた時間に契約できるのがオンラインストアだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です