月1382円!ワイモバイルのDIGNO Cの料金を安くする秘訣

ワイモバイルの安いのスマホと言えば、DIGNO Cだろう。

DIGNO Cは、水に使っても砂場に落としても、平然と動く丈夫なスマホで、性能はさほど高くはないが、DIGNO Cを本当に安く持てるのは、ワイモバイルだ。

初めてスマホを持つ人でも、コスパのいいスマホで料金を抑えようと考えている人も、ぜひともこの記事を参考にしてほしい。

「ワンキュッパ割」キャンペーン

2016年6月1日から始まった、ワイモバイルの「ワンキュッパ割」とは、スマホの基本料金からさらに、1年間だけ1000円安く維持できるキャンペーンのことだ。

新しくワイモバイルのスマホを契約する人や、ドコモやauで使っていた番号をそのままで契約するMNP(のりかえ)で、ワンキュッパ割が適用される。

割引が適用されるのは、契約した月の翌月からとなるため、初月の料金が少し高くても、焦ってはいけない。

DIGNO Cの料金

DIGNO Cの料金を月1600円以下まで抑えるには、一括で購入する必要がある。
しかし、分割でも十分に安い料金となっているため、一括購入できない人でも、ワイモバイルは満足する料金の安さだ。

以下の表はすべて税込み価格で、月額割引とワンキュッパ割を適用させた料金となっている。

一括購入した場合の料金

DIGNO Cの購入価格は、3万1104円。

新規契約
スマホプランS 1382円
スマホプランM 1922円
スマホプランL 4082円
MNP契約
スマホプランS 2138円
スマホプランM 2678円
スマホプランL 4838円

分割で購入した場合の料金

新規契約
スマホプランS 2678円
スマホプランM 3218円
スマホプランL 5378円
MNP契約
スマホプランS 2138円
スマホプランM 2678円
スマホプランL 4838円

ワンキュッパ割の注意点

1年後は割引がなくなる

ワンキュッパ割のキャンペーンの期間は1年間と決まっていて、1年後以降は1000円高くなってしまう。

キャンペーンについて忘れたころに、ふと、スマホの料金明細を見てみると1000円も高くなっていても、驚かないように、頭に入れておこう。

3万1104円の購入代金がいる

DIGNO Cの価格はそれなりにする。

ワンキュッパ割は、分割でDIGNO Cを購入するよりも、一括で購入したほうが、安さが際立って、お得感が味わえる。
しかし、ワイモバイルと契約するときに、3万1104円以上もお金を用意する必要があるため、用意できない人にとって、デメリットだ。

しかし、約5万円の割引がある

MNP(のりかえ)で新規契約する場合、DIGNO CのスマホプランMやLを選択すると、割引額の合計が、5万7024円もあるため、購入価格を大きく上回ることになり、得をする。

DIGNO CのスマホプランSで契約すると、割引額の合計が3万1104円となり、購入価格と同じなる。

店舗に行かなくても契約できる

ワイモバイルは、ネット通販で欲しい商品を買うように、実際のお店に行かなくても、オンラインストアで契約することができる。

なかなか休みが取れない人や、お店で店員と話しをするのが苦手な人は、ワイモバイルのオンラインストアからの契約をしてみてはいかがだろう。

最短で、2日後には家まで届けてくれて、とても便利だ。

まとめ

ワイモバイルのDIGNO Cを、月1600円以下にまで料金を安くしたいのなら、一括購入での新規契約するとことをおすすめする。

MNP(のりかえ)では、DIGNO Cを一括で購入ができず、分割しか選べない。

ドコモやauから、のりかえをすることによって、購入価格と同額か、それ以上の割引を受けることができ、月1382円まで安くすることができる。

分割で購入するのならば、スマホプランMを選択することをおすすめする。

それがDIGNO Cを安くお得に持つことができる秘策だ。


契約はオンラインストアで

ワイモバイルの契約なら、オンラインストアがってっとり早くて簡単だ。
わざわざ店舗に行かなくても、家で空いた時間に契約できるのがオンラインストアだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です