ワイモバイルの料金一覧

ワイモバイルの料金一覧とさらに安くする方法

スマホ代が安くなると、ワイモバイルが徐々に契約数を増やし、人気がでてきている。

あなたはワイモバイルの料金について、しっかりと理解はしているだろうか。

残念なことに、あまり料金を理解しないで契約する人がとても多く、わかりやすく丁寧に説明をしてくれないワイモバイルのスタッフがいる現実がある。

そこで、よりワイモバイルの料金やオプションをわかりやすく説明し、契約する前に予備知識をつけてもらい、さらにはワイモバイルのスタッフが絶対に教えてはくれない、もっと安く契約できる方法などを、ご紹介したいと思う。

スマートフォンポケットWi-Fiケータイ
スマホの料金は3つから選べる

スマホプランSは電話をよくする人向けのプランで月2980円

ワイモバイルの料金と言えば、この価格が頭に思い浮かび、CMでも大々的に宣伝している。スマホの料金で2980円は、ガラケー並の安さで、とても魅力に感じると思うかもしれないが、よく、スマホプランについて知っておかないと少し損をすることになる。

スマホプランMは電話とネットも楽しみたい方向けで月3980円

スマホプランSの通信量が、月1GBだけでは足りない。一般的にスマホの通信量は1ヶ月で3GB以下というデータがあるため、ワイモバイルのスマホプランMは、標準的で良心的な料金となっている。そんなバランスの取れたスマホプランMについて、詳しくわかりやすく説明しようと思う。

スマホプランLはたくさん通信を使う方向けで月5980円

スマホプランMの月3GBの通信量が少ないと感じている人や、スマオで動画もよく見て、ゲームもそれなりにするとなると、通信量が心配。そんな人には、スマホプランLをおすすめする。スマホプランLはたくさん通信を使う人向けの料金プランで、詳しくわかりやすく説明したいと思う。

さらにスマホの料金を安くする方法

ワイモバイルにMNPして本当に5000円以上も安くなった

ワイモバイルに番号をそのままで、乗り換えをしようと考えている人は、今すぐにでもMNP(乗り換え)すると、63%も料金を安くすることができる。今、ドコモやauのスマホの料金が、1人あたり月1万円以上もかかっている人は、損をしていると、実感しているだろうか。そろそろ気がついてほしい。

スマホ代を節約したいのなら一括購入が当たり前な話

なぜスマホ代が高くなるか知っているだろうか。スマホはどんどん高性能になり、たいへん便利になった代わりに、スマホの本体価格が跳ね上がっている。高くなったスマホを2年ごとに機種変していては、いつまでも安くならず、ずっとスマホ代で悩まされることになるだろう。

スマホ代を節約したいのならアウトレットを活用しよう

スマホ代を手っ取り早く節約させるには、スマホを一括で購入すると解決できる。しかし、スマホの本体価格は高性能なものほど高くなり、8万円以上もする。そこまでお金を準備できない人は、アウトレットのスマホを活用するといいだろう。毎月の料金も節約できる。

ポケットWi-Fiの料金は機種によって異なる

ポケットWiFiプラン2は月3696円で使い方を選べる料金プラン

ポケットWi-Fiプラン2は、2機種に対応していて、1ヶ月に7GBまでの高速通信ができる。しかし、それでも足りないと感じるなら、アドバンスモードのオプションを追加することができる。そんな、万人向けのポケットWi-Fiプラン2について、わかりやすく説明しようと思う。

Pocket Wi-Fiプラン2ライトはプランSSと変わらない料金で安くてお得

ワイモバイルのとてもお得なポケットWi-Fiプランの料金がある。それがPocketWi-Fiプラン2ライトだ。PocketWi-FiプランSSと同じ料金や内容で、変更点がないが、対応機種が異なっている。そんなPocketWi-Fiプラン2ライトについて、わかりやすく説明したいと思う。

ポケットWiFiプランLは通信量の制限がなくて月4380円

それぞれのポケットWi-Fiによって、ワイモバイルの料金プランは専用のものになっているのは知っているだろうか。通信量を気にせずに、たくさん通信をしたい人向けのポケットWi-FiプランLについて、わかりやすく説明したいと思う。

ポケットWi-Fiのオプションも充実
さらにポケットWi-Fiの料金を安くする方法

ポケットWi-Fiの料金を安くしたいのなら一括購入が当たり前な話

ワイモバイルのポケットWi-Fiを契約したいけど、料金のことで迷っている人、すでにワイモバイルのポケットWi-Fiを契約していて、毎月の料金が少しでも安くならないかと考えている人は、一括購入をすると解決できる。

ポケットWi-Fiの料金を安くしたいのならアウトレットを活用しよう

まだ納得できるような料金に出会っていないのならば、ワイモバイルのアウトレットを活用するといいだろう。唯一、ワイモバイルはオンラインストアでのみ、ポケットWi-Fiをアウトレットで販売していて、料金も1000円以上安い。

ケータイの料金は2つから選べる

ワイモバイルのケータイプランSSはうっかりすると高くなる

ワイモバイルのケータイには2種類の料金プランがあり、PHSはケータイプラン、ガラケーならケータイプランSSになる。ガラケーのケータイプランSSは、うっかりすると5000円を超える料金がかかることがある。

スマホプランSは電話をよくする人向けのプランで月2980円

ワイモバイルの料金と言えば、この価格が頭に思い浮かび、CMでも大々的に宣伝している。スマホの料金で2980円は、ガラケー並の安さで、とても魅力に感じると思うかもしれないが、よく、スマホプランについて知っておかないと少し損をすることになる。