ワイモバイルのPHSからのiPhoneキャンペーンとは

PHSからのiPhone

 ワイモバイルのPHSやウィルコムのPHSを使っている人は、そろそろiPhoneに変えたいと思っているだろう。
 しかし、PHSからiPhoneに変えることによって、月々の料金が10倍も高くなってしまうことは知っているだろうか。

 PHSからiPhoneに変えるときの料金について、知っておかないと損をすることになる。

 損をしないために、このPHSからのiPhoneキャンペーンについて伝えたいと思う。

PHSからのiPhoneキャンペーンとは

 PHSからのiPhoneキャンペーンとは、ワイモバイルが指定するPHSを使っている人が、ソフトバンクのiPhoneに番号をそのままに乗り換えることで、2年の間、1080円を基本使用料から割引をするキャンペーンのことだ。

 2年間、ワイモバイルのPHSからソフトバンクのiPhoneを番号をそのままで使うと、合計で25920円の割引が適用される。

 法人の契約ではこのキャンペーンは適用されず、個人契約のみのキャンペーンとなる。

 現在は「ワイモバイルからのiPhone移行プログラム」というキャンペーンの名前に変わってしまったが、内容は同じだから安心してほしい。

適用条件

 ワイモバイルのPHSなら、どの機種でも適用されるが、2015年9月以降に、PHSからのiPhoneキャンペーンを適用させようとするのなら、PHSを契約した月を1ヶ月目として、13ヶ月以上は使っていることが条件だ。

 なので、2014年8月以前から契約している方が対象となる。

ソフトバンクのiPhone

 ワイモバイルのPHSで、番号をそのままに、ソフトバンクのiPhoneに乗り換える場合、iPhoneの種類は、iPhone6か6Plus、iPhone5sと5cのみで、最新のiPhone6s、6s Plusには乗り換えができない。

対象iPhone
iPhone6
iPhone6Plus
iPhone5s
iPhone5c

適用料金プラン

 PHSからのiPhoneキャンペーンで、ソフトバンクのiPhoneに乗り換える場合、ソフトバンクの料金プランも指定されている。

 スマ放題、スマ放題ライトにデータ定額パックか、ホワイトプランにフラット型パケットサービスで契約しないと、適用されない。

スマ放題 2700円
データ定額プラン 3500円〜
スマ放題ライト 1700円
データ定額プラン 5000円〜
ホワイトプラン 934円
フラット型パケット  5700円

 スマ放題とは、ドコモやauといった他社に電話をかけても、固定電話にかけても通話量が無料になるプランだ。
 スマ放題ライトは、5分間なら無料で通話ができるプランで、ホワイトプランは、1分で40円の通話料がかかるプランだ。

 どの料金プランも2年間の契約期間だ。

 ホワイトプランのみ、近々終了する可能性がある。
 2015年10月以降から、このキャンペーンでiPhoneにする場合、ホワイトプランは避けて、スマ放題かスマ放題ライトで契約するのがいいだろう。

 なお、ソフトバンクのオンラインストアからでも、PHSからのiPhoneキャンペーンは適用され、契約も可能となっている。

今すぐ乗り換える(6) >
今すぐ乗り換える(6PLUS) >

機種変更だと2000円以上安くなる

 ワイモバイルのPHSや、ウィルコムのPHSを持っているのなら、わざわざ、ソフトバンクに乗り換えをしなくても、ワイモバイルから販売されているスマホに機種変更した方が、安くなる。

 どうしてもiPhoneが欲しいのなら、iPhoneにするといいと思う。

 しかし、ソフトバンクのiPhoneにすることによって、得られるメリットがないことは断言できる。

 iPhoneの料金

スマ放題(合計)
6500円〜2万2500円
スマ放題ライト(合計)
7000円〜2万4500円
ホワイトプラン(合計)
6934円

 上記のソフトバンクの料金に、さらにiPhoneの機種代が3000円以上、追加される。

 月月割という割引が2500円程度あり、ワイモバイルからの乗り換えで1080円の割引もされて、3000円以上の料金が引かれる。

 iPhone代を払っているが、割引も同額に近いため、iPhone代を払っていない感覚になってしまい、とてもややこしい料金プランとなってしまう。

 ワイモバイルの料金

AQUOS Xx-Y

機種変更
スマホプランS 4838円
スマホプランM 5378円
スマホプランL 6458円

 AQUOS Xx-Yを例にしたが、PHSをワイモバイルで機種変更した時の料金だ。
 無理に、ソフトバンクのiPhoneにするよりも2000円以上安いのはわかっていただけただろうか。

 ワイモバイルの料金は、機種代も含まれて上記のような料金となるため、ソフトバンクのように、どれだけ基本料金で、どれだけスマホの機種代金なのか、わかりずらいこともない。

AQUOS Xx-Y 
詳しくみる > 機種変更する >

まとめ

 ワイモバイルのPHSからiPhoneキャンペーンは、ワイモバイルが指定するPHSを1年以上使っている人で、ソフトバンクのiPhoneに乗り換え(MNP)で新規契約すると適用されるキャンペーンだ。

 PHSからそろそろ、iPhoneに変えたい。

 そう思っている人は、PHSからソフトバンクのiPhoneに乗り換えるべきだ。

 通常の新規契約では、割引がそんなに付かないが、このPHSからiPhoneキャンペーンを適用させると、月々の料金が1080円も安くなる。

 だが、ワイモバイルのスマホに機種変更する方が、2000円以上も安くなる。

 どうしてもiPhoneが欲しい人なら、PHSから乗り換えるべきだが、iPhoneではなくてもいいと思う人は、ワイモバイルで機種変更した方が、圧倒的に安くなる。 

 実は、PHSからのiPhoneキャンペーンはお得ではない。


契約はオンラインストアで

ワイモバイルの契約なら、オンラインストアがってっとり早くて簡単だ。
わざわざ店舗に行かなくても、家で空いた時間に契約できるのがオンラインストアだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です