ワイモバイルのポケットWiFiの選び方には5つのポイントがある

ポケットWi-Fiの選び方

 ポケットWiFiをどれにしようかと悩んでいる人は多い。 

 数あるポケットWiFiを提供している会社の中で、ワイモバイルにしてみようかな、と検討している人もいるだろう。

 しかし、料金もそうだが、ポケットWiFiの機種の性能や特性についても知っておかなければならない。

 ワイモバイルのポケットWiFiを検討している人は是非とも、個々の性能の違いや、通信速度の違いなどをこの記事で参考にしてほしい。

WiFiとは

 そもそも「Wi-Fi」とはなにか。

 昔はパソコンでインターネットをするには、自宅にネット回線を引き、LANケーブルをパソコンに繋がないといけなかった。

 このLANケーブルを電波にして、パソコンやスマホなどの機器を、無線で通信を行えるようにしたのが、「Wi-Fi」というもの。

 今は駅や空港、バス停などに公共のWi-Fi設置されるまでに整っていて、どこでも通信が可能となってきている。

 が、セキュリティ面や通信速度はまだまだのようで、公共のWi-Fiは到底、使える程度ではない。

 そこで、ポケットWiFiが大いに活躍する。

ポケットWiFiとは

 自宅にネット回線を引く工事をしなくても、ポケットWiFiの電源を入れるだけで、パソコンやスマホ、タブレットなどで通信ができる優れもので、通信機器なら、3DSやPSvitaなどのゲーム機だって接続ができる。

 いつでもどこでも通信ができるのがポケットWiFiの魅力だ。

 しかし、悪い所もある。

 自宅に引くネット回線は通信量の制限はないが、ポケットWiFiには通信制限がある。

 その通信できる量によって、料金が異なってくるのも悪い点でもあるし、通信制限の内容を頭に入れておかないと、とんでもないことになってしまう。

ポケットWiFiの選び方

 ポケットWiFiは一見、どれも同じような形に見えて、どの機種にしようか悩まされるのではないだろうか。

 実は、ここのポケットWi-Fiを選ぶ時点で、今後の使い道が決まってしまうのだ。

 だから真剣に考えないといけない。

 ポケットWiFiを選ぶときに、いくつかのポイントがある。

 1、WiFi設定のしやすさ

 何度も接続の設定をしなけらばならないのが煩わしいので、ワンタッチで接続が可能な、タッチパネルがあるポケットWiFiがとても便利だ。
 その他にも、接続台数や通信量を見ることができる項目があると管理がしやすくなる。

 2、通信速度の上限

 ポケットWiFiを使う上で、通信速度については重視しなければならない。

 快適にインターネットの閲覧などをしようとするのならば、最低でも120Mbps程度の上限があるものを選ぶといい。

 なぜなら、通信速度は年々速くなっているため、長く使うことを考えると、速度の上限は高ければ、高いほどいい。

 3、バッテリーの持ち

 外で使う機会が多いポケットWiFiだから、いつでも充電できる環境にいるわけではない。

 通信の接続をして、だいたい7時間以上持たないと、使い物にならない。

 6時間や5時間しかバッテリーが持たないポケットWiFiは要注意だ。

 4、Wi-Fiの規格

 Wi-Fiには複数の周波数が存在する。

 その対応している周波数が多いほど、安定した通信が行えるというわけだ。

 Wi-Fiの規格は主に、a、b、g、n、acの5種類あり、最低でも3種類に対応していると安心だ。

 5、対応しているエリア

 ポケットWiFiを使いたい用途の1つは、旅先や出張などで、外でもパソコンを使って仕事をする機会がある人が多い。

 都心から地方に行くなら、対応しているエリアも広くないと、ポケットWiFiが使い物にならないからだ。

 できるだけ日本全国、どこでも対応している通信会社を選ばないといけない。

 ポケットWiFiを選ぶポイントは上記の5つくらいだろう。

 紹介した5つのポイントをおさえながら、ポケットWiFiの性能表を見ると、必ず自身にあった機種を選べることができる。

 その他の機能面なら、テレビが見れるポケットWiFiや、スマホの充電ができるモバイルバッテリーの代わりとして使えたり、接続台数がとても多いなどから、ポケットWiFiを選ぶこともできるが、それは付加価値となる。

 純粋に、基本的な性能で比べて、同じようならば、最終的に付加価値で決めると、さらに自身にあったポケットWiFiといえるだろう。

ワイモバイルのポケットWiFiの比較

 ワイモバイルから販売されているポケットWiFiは主に5機種ある。

 ポケットWiFiの選び方で紹介した5つのポイントをしっかりと見てほしい。

 PocketWiFi 502HW

 
 画面・・・タッチパネル
 通信速度・・・下り187.5Mbps 上り37.5Mbps
 バッテリー・・・約10時間(CA非適用)
 Wi-Fiの規格・・・a、b、g、n、ac
 エリア・・・LTEとAXGP
 キャリアアグリケーション・・・対応
 付加価値・・・スマホでテレビを見ることができる。 
 

 PocketWiFi 401HW

 
 画面・・・なし
 通信速度・・・下り112Mbps 上り10Mbps
 バッテリー・・・約6時間
 Wi-Fiの規格・・・a、b、g
 エリア・・・LTEとAXGP
 キャリアアグリケーション・・・非対応
 付加価値・・・月々の料金が1番安い
 

PocketWiFi 305ZT

 
 画面・・・タッチパネル
 通信速度・・・下り187.5Mbps 上り37.5Mbps
 バッテリー・・・約9時間
 Wi-Fiの規格・・・a、b、g、n、ac
 エリア・・・LTEとAXGPと3G
 キャリアアグリケーション・・・対応
 付加価値・・・接続できる端末が14台
 

PocketWiFi 303HW

 
 画面・・・タッチパネル
 通信速度・・・下り110.5Mbps 上り10Mbps
 バッテリー・・・約9時間
 Wi-Fiの規格・・・b、g、n
 エリア・・・LTEとAXGPと3G
 キャリアアグリケーション・・・非対応
 付加価値・・・スマホでテレビを見ることができる。
 

PocketWiFi GL10P

 
 画面・・・タッチパネル
 通信速度・・・下り110Mbps 上り10Mbps
 バッテリー・・・約10時間
 Wi-Fiの規格・・・b、g、n
 エリア・・・LTEとAXGPと3G
 キャリアアグリケーション・・・非対応
 付加価値・・・特になし
 

 ワイモバイルのポケットWiFiの主力であるのは上記の5つの機種だ。

 303HWとGL10Pは、イーモバイル時代の機種で、性能も、305ZTや502HWと大きく劣っているのは見ての通り。

 303HWは502HWの前の機種にあたり、303HWを選ぶのなら、通信の性能が上がっている502HWにした方が後悔はしないだろう。

 ポケットWiFiごとに料金が異なる

 ワイモバイルのPocketWiFiの料金プランは少しややこしい。

 それは、機種ごとに対応している料金プランが違うからだ。

502HW PocketWiFiプラン2 3696円/7GB/※
401HW PocketWiFiプランSS 2480円/5GB
305ZT PocketWiFiプランL 4380円/7GB/※
303HW PocketWiFiプラン 3696円/7GB
GL10P PocketWiFiプラン 3696円/7GB

 ※アドバンスモードなら通信量の制限はない。

 【各PocketWiFiプランについて詳しくみたい人はこちらから】
 

 

 

まとめ

 ポケットWiFiは通信速度と繋がるエリアを1番、気をつけて見ないといけない項目だ。

 そして、使い勝手の良さ、バッテリーの持ちのよさが次に重視しないといけない。

 502HWと305ZTの性能は同じだ。

 スマホでテレビを見たい人は502HWを、Wi-Fiに接続する端末が多い人は305ZTと、自身の使い方でポケットWiFiも違ってくる。

 とにかく安く抑えたいと思うのなら、401HWがコストパフォーマンスは高いだろう。


契約はオンラインストアで

ワイモバイルの契約なら、オンラインストアがってっとり早くて簡単だ。
わざわざ店舗に行かなくても、家で空いた時間に契約できるのがオンラインストアだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です