ポケットWiFiの料金が高い。じゃあ、506HWはどうだろう

506hw_top

PocketWiFiの料金が少し高いなと感じている人は多いだろう。

WiMAXのUQフラットツープラスは、1ヶ月の通信量が7GBまで使えて、3991円だ。

ワイモバイルのPocketWiFiプラン2も同じ通信量と料金だ。

しかし、ワイモバイルはあまり通信量を使わない人に向けた料金プランを選べる、506HWというポケットWiFiがある。

ポケットWiFiを日頃から愛用している人で、月々の料金の高さが気になってきたなと、感じている人はこの506HWについて、詳しく知ってほしい。

Pocket WiFi 506HW

506HWがどんな機種なのか、まずは見てほしい。

506HWの正面。電源ボタンしかないシンプルな作り。

背面は品番のみで、高級感はなくチープな作りだ。

上面と底面。底面には充電用のUSB差し込み口がある。

右側面と左側面。ボタンなど一切無くシンプルだ。

506HWの性能

サイズ 幅90.9 × 高さ56 × 厚さ13mm
重さ 75g
通信時間 6時間
バッテリー容量 1500mAh
接続台数 10台
通信方式 AXGPLTE
無線LAN規格 b / g / n
通信速度 LTE: 下り 112.5Mbps/上り 37.5Mbps
AXGP:下り 110Mbps/上り 10Mbps
メーカー HUAWEI
価格 4万1400円

506HWはコンパクトで軽い

506HWは名刺の大きさで、標準的なポケットWiFiの重さと比べると、約半分の軽さとなっている。

詳しく説明するのだが、506HWの1ヶ月の料金が2678円とかなり安い。

手軽で安く、名刺サイズのため持ち運びも楽になるのが506HWの売りだ。

かさばりやすいショルダーバッグなどに入れても、スペースが取られないため、より多く荷物を入れることができるだろう。

506HWのだめなところ

506HWは安くて、手軽で、持ち運びに優れているのだが、性能面はいまいちだ。

最近のポケットWiFiの通信は、最大で261Mbpsまでの速度がでるのに対して、506HWの通信速度は、112Mbpsまでだ。
約2.5倍もの通信速度に差がでるため、速度を重視する人には向いていないポケットWiFiだ。

さらに、506HWは連続で通信できる時間が、6時間と短くて、標準的なポケットWiFiなら9時間から14時間もバッテリーが持つ。
506HWは、長い時間、使うことを重視している人には向かないポケットWiFiだ。

506HWの料金

新規契約
Pocket WiFiプラン2 ライト 2678円
通信量 5GB
機種変更
Pocket WiFiプラン2 ライト 2678円
通信量 5GB

506HWの料金プランはPocketWiFiプラン2 ライトとなり、新規契約や機種変更だろうが1ヶ月の料金に違いはない。

Pocket WiFiプラン2 ライトは、3年間の契約期間があり、5GBの通信を超えてしまうと、翌月まで速度制限されるので、通信量をこまめに確認することをすすめる。

1ヶ月に5GB以上の通信をすると制限されてしまうが、3日に3GB以上の通信をしてしまうと、翌日まで速度制限がされるので使い過ぎにも注意だ。

月々の料金が2678円で、しかも506HWの分割代を含めた金額なので、これ以上、オプションを付けない限り、3年間は高くなることはない。

3年後の料金

3年後の料金
Pocket WiFiプラン2 ライト 3218円
通信量 5GB

3年間、506HWを使いきると、月々の料金が540円高くなり、3218円となる。

なぜかというと、もともとのPocket WiFiプラン2 ライトの料金は、3218円なのだ。
新規契約や機種変更をすることによって、540円の割引があり、その期間が3年間という仕組みだ。

少しでも安くしたいのなら、3年後に機種変更や新規契約で、新たにワイモバイルのPocket WiFiを契約し直すことで、また3年間の割引を適用できる。

3年後になにかしらの行動をしないと、1ヶ月に540円も損をしてしまう。

店舗に行かなくても契約できる

ワイモバイルは、ネット通販で欲しい商品を買うように、実際のお店に行かなくても、オンラインストアで契約することができる。

なかなか休みが取れない人や、お店で店員と話しをするのが苦手な人は、ワイモバイルのオンラインストアからの契約をしてみてはいかがだろう。

最短で、2日後には家まで届けてくれて、とても便利だ。

506HWに適している人は?

506HWの性能や料金について、少しでもわかってもらえただろうか。

このポケットWiFiに向いている人は、よくお出かけや仕事で外に出る機会が多く、タブレットやノートパソコンで通信をする人、でも、動画などの通信が多く必要なことには使わない人、長い時間、使わな人には、ぴったりだ。

今、使っているポケットWiFiの料金が気になった人は、自身の使い方を見直して、506HWの使い方に合っていれば、必ず節約できるだろう。


契約はオンラインストアで

ワイモバイルの契約なら、オンラインストアがってっとり早くて簡単だ。
わざわざ店舗に行かなくても、家で空いた時間に契約できるのがオンラインストアだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です