スマホの料金が高くなる理由は、これが原因だった

スマホの料金が、ため息が出るほど高くて悩んでいる人は多い。

それもそのはず、携帯よりもスマホは優れているため、できることの幅が広がったからだ。

きれいな写真を撮ったり、その写真を加工したり、ネットや動画を見たり、漫画を呼んだり、ゲームをしたりと、きりがないくらい、人によってスマホは多様に使われている。

できることの幅が広がれば、もちろん料金もそれなりに高くなる。

なぜ、スマホの料金が高くなるのか、その仕組と原因を話そうと思う。

スマホ代が高くなる原因

スマホの料金が高くなる原因は、主に4つだ。

この4つの原因さえ、掴んでいれば、約1000円から2000円程度は安くなるだろう。

本体代

ドコモやau、ソフトバンクでスマホを契約するときは、一括で購入するか、分割で購入するか聞かれるのだが、このときに分割で購入した人は、基本料金とスマホの本体代を一緒に払っているため、毎月のスマホ代がとても高くなるのだ。

スマホは決して安い買い物ではない。

高性能なスマホは約10万円もする高価な買い物で、2年おきに機種変更して新しいスマホにしている人は、気付かないまま、2年に1度、約10万円の買い物をさせられていることになる。

通話料

1ヶ月にどのくらい電話しているか、覚えているだろうか。

覚えていないのなら、今すぐにでもWebサイトで明細を確認しよう。

意外とスマホの料金が高くなってしまう原因では疎かになりがちで、そんなに電話していないな、と思っていても、3000円ぐらい通話料で取られているかもしれない。

ゲームなどの課金

携帯の時にはあまりなかった原因が、スマホゲームの課金だ。

スマホの性能がどんどん良くなって、きれいな映像のゲームが多くなり、面白くてついつい課金してしまう人が多い。

面白さにはまってしまい、どんどん課金が膨れ上がり、数十万という料金を請求されることも。

割にあわない通信料

1ヶ月でどのくらい通信量を使っているか、把握はしているだろうか。

スマホを一般的な使い方をして、大半の人は1ヶ月で3GB以内の通信量に収まっているデータがある。

一般的な使い方とは、少しネットを見たり、LINEをしたり、ニュースを見たりと日常生活で使うことがある通信のこと。

通信量を確認して、月3GBで収まっているのなら、料金プランの変更を考えよう。

少しでも安くするには

残りの本体代を払う

スマホの料金が高くなる原因が、スマホの分割代だったのなら、残りの本体代をショップに行って払うと、月に2000円から3000円程度は安くなる。

しかし、残っているスマホの本体代でも、一括で支払えないような額の場合もあるので、自分のお財布と相談してから、考えよう。

電話を控える

スマホの料金が高くなる原因が電話のし過ぎなら、電話をできるだけやめて、LINEなどのメッセージアプリを使って、連絡を取り合ったりするといいだろう。

今の時代、電話をするときは通話料ではなく、通信量を使って電話をする時代だ。

通信量なら基本的には無料で電話をすることができるので、節約になる。

課金を抑える

スマホの料金が高くなる原因が、ゲームアプリへの課金ならば、課金を抑える必要がある。

こればっかりは自分の意思がとても重要で、1ヶ月に5000円までと決めていれば、どんどん課金しなくて済む。

料金プランを見直す

スマホの料金が高くなる原因が通信量にあるのなら、料金プランの変更をするといいだろう。

1ヶ月に7GBまで通信ができる料金プランにしているのに、実際は1ヶ月に3GBしか通信をしていないことが非常に多い。

料金プランの変更は少し手間のかかることだが、1000円程度安くできるのならば、しておいて損はない。

それでも安くならないなら

いずれかのことをしても、納得できるようなスマホの料金にならなかった場合は、他社にのりかえることを考えよう。

のりかえ(MNP)で契約をすると、毎月の割引額が、機種変更と比べて多いなどの特典があり、お得にスマホも毎月の料金も今よりも格段に安くすることができる。

スマホ代の節約が煩わしいと感じたら、他社にのりかえ(MNP)をするのが手っ取り早く、2000円から3000円程度まで安くなるだろう。

のりかえならワイモバイル

ドコモやauのスマホを使っているのなら、ワイモバイルへののりかえ(MNP)が1番スマホの料金を安くできる。

ワイモバイルの料金を簡単に説明すると。

通話が無料

ワイモバイルのスマホの料金プランは、すべて無料で通話をすることができる。

10分以内の通話を月に300回までなら無料で電話をすることができ、通常は1分間あたり40円の通話料なのだが、ワイモバイルのスマホは1ヶ月に最大で12万円分の電話を無料ですることができる。

身の丈にあった通信料

ワイモバイルのスマホの料金プランは、3つの中から、自分に最適なものを選べるようになっていて、ドコモやauよりも、シンプルでわかりやすい。

料金もそれなりに安いため、これだけでも2000円から3000円程度の節約になる。

まとめ

スマホの料金が高くなる理由と原因をわかってもらえただろうか。

スマホの本体代、通話料、ゲームへの課金、無駄な通信量、この4つのポイントをしっかりと抑えていると、スマホの料金を1000円から2000円程度まで安くできるだろう。

煩わしいと感じるのなら、ワイモバイルにのりかえ(MNP)を考えるといい。

のりかえをした方が、てっとり早くて必ず今よりもスマホの料金を安くできる。


契約はオンラインストアで

ワイモバイルの契約なら、オンラインストアがってっとり早くて簡単だ。
わざわざ店舗に行かなくても、家で空いた時間に契約できるのがオンラインストアだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です