スマホの料金が高いと感じたら、のりかえを考えるべき3つの理由

スマホの料金が高いと感じている人は多い。

スマホの料金が1万や2万を越え、生活に影響が出るほど高くて、スマホ代を払えなくなる状況になる人がだんだん増えている。

しかも、スマホは月に1万円かかるものだと諦めている人もいることも事実。

スマホの料金プランについてあまりわかっていない人が多いのも問題で、無駄に料金を高く払っている人が大半を占める。

スマホ代が1万円かかるものだと、諦めている人、少しでも安くしたいと感じた人は、のりかえを考えてみてはどうだろうか。

まずはプランを把握しているか

今、契約しているスマホの料金プランは、どのようなプランに入っているか知っているだろうか?

知らない人が多いのではないだろうか。

自分が1ヶ月にどのくらいの通信を使っているか、把握しているだろうか?

これも知らない人が多い。

スマホの料金プランと、通信量を知るだけで、1000円程度は安くできる。

今すぐにでも、料金プランと通信量を見直して、できることなら、料金プランの変更をした方がいいだろう。

契約内容によって料金が異なる

今使っているスマホは、新規で契約しただろうか?
それとも、機種変更?

新しく契約するのと、番号はそのままで、スマホだけを新しいものにする機種変更とでは、1ヶ月に1000円程度の料金に差が生まれる。

当然、安くなるのは新規契約だ。

機種変更で、同じ携帯会社を使い続けているのなら、他社へののりかえ(MNP)を考えてみてはいかがだろう。

新規契約よりもさらに500円から1000円程度、安くなる。

のりかえとは

のりかえ(MNP)とは、今まで使っていた携帯番号をそのままに、他社の携帯会社で契約をすること。

のりかえをするメリットとして、今まで使っていた番号で他社の携帯会社と契約できること、そして料金がとっても安くなることだ。

デメリットなのは、メールアドレスが変わってしまうことや、使っていたアプリのアカウントの移動に手間がかかることだ。

のりかえを考える理由

料金に不満がる

今使っているスマホの料金が高いと感じ、不満を持っている人は、料金プランを見直して、変更をするか、のりかえをするかだ。

料金プランの変更以上に、スマホ代を安くしたいのならば、のりかえを考えるべきだ。

他社でも繋がる

長年、ドコモを使っている人はずっとドコモを使い続け、auはauを使い続ける傾向がある。

それの理由は、自宅付近はドコモしか繋がらないから、家族がみんなauだから。

もうそれは昔の話であって、今の時代、基本的にどこでもスマホでネットができ、電話もかけることができる。
それに、家族で同じ携帯会社を使っていても、割引は通話が無料になるぐらいで、電話をかける頻度が少ない人にとっては、あまり意味はない。

のりかえの手続きは5分

のりかえるときには、MNP予約番号がいるが、その手続きがめんどくさいや、ややこしいと思う人がいるかもしれないが、5分もあれば、のりかえの手続きは完了する。

今使っている携帯会社のショップに行くか、スマホからの電話するだけで、MNP予約番号を発行してくれる。

電話の場合は、MNP予約番号を直接教えてくれるので、しっかりメモをとっておこう。

のりかえ先はワイモバイル

ドコモやauを使っていて、のりかえを考えるのなら、断然ワイモバイルだろう。

ワイモバイルはソフトバンクの回線を使って電話もネットもするため、ソフトバンクが繋がるエリアは必ず、ワイモバイルのスマホも繋がり、料金もドコモやauと比べて、3000円以上も格安だ。

満足する料金プランを提供している携帯会社はワイモバイルだけで、スマホ代を安くするのにとてもおすすめできるキャリアだ。

まとめ

スマホの料金が高いと感じたら、のりかえを考えるべき3つの理由について、わかっていただけただろうか。

料金に不満があり、他社のスマホも繋がることを知らず、のりかえの手続きが簡単なのに、のりかえをしないのは正直、もったいない。

スマホの料金を安くしたいのなら、ワイモバイルで決まりだ。


契約はオンラインストアで

ワイモバイルの契約なら、オンラインストアがってっとり早くて簡単だ。
わざわざ店舗に行かなくても、家で空いた時間に契約できるのがオンラインストアだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です