ワイモバイルの保証オプションをまとめてみた

ワイモバイルはアフターケアもしっかり準備されている。 

ドコモやauなどと、同じように安心してワイモバイルのスマホを使えるのだろうか。

模索している人はかなり多いはず。

ワイモバイルの料金は、ドコモやauと比べても確かに安い。しかし、安さなりのサービス内容だったり、契約後の対応だったりするかもしれない。

まず、その不安を少しでも解消するには、ワイモバイルからスマートフォン向けに提供されている、数々のオプションの理解してほしい。

保証オプション

ワイモバイルには機種ごとに、異なる保証オプションが用意されていて、月々かかってくる料金も違ってくる。さらに、オプションに加入するタイミングも設定されている。

故障安心パックプラス 690円/月

 保証内容・・・故障、水濡れ、盗難、電池パック交換など。
 対応機種・・・nexus5X、LUMIERE、AQUOS CRYSTAL Yなど。
 加入タイミング・・・契約と同時のみ。
 特典・・・契約と同時加入の場合、1ヶ月無料。
 提供開始日・・・2015年8月1日 

スマートフォン基本パックS 500円/月

 保証内容・・・セキュリティ、留守番電話プラス、割込通話、グループ通話など。
 対応機種・・・LUMIERE、AQUOS CRYSTAL Y、DIGNO Cなど。
 加入タイミング・・・契約と同時のみ。
 特典・・・契約と同時加入の場合、1ヶ月無料。

 スマートフォン基本パックSを詳しく見てみる >

スマートフォン基本パックW 500円/月

 保証内容・・・セキュリティ、遠隔ロック、紛失捜索サービスなど、
 対応機種・・・AQUOS Phone es、AQUOS Phone efなど。
 加入タイミング・・・契約と同時か月途中でも可能。
 特典・・・契約と同時加入の場合、1ヶ月無料。

 スマートフォン基本パックWを詳しく見てみる >

あんしん保証サービスプラス 500円/月

 保証内容・・・無料修理、良品交換、特別割引、最新機種交換など。
 対応機種・・・AQUOS Phone es、AQUOS Phone efなど。
 加入タイミング・・・契約と同時のみ。
 特典・・・特になし。

 あんしん保証サービスプラスを詳しく見てみる >

ワイモバイルで販売されているすべてのスマホに対応した保証オプションは存在しない。

機種ごとに、保証内容や月々の料金の違いがあり、悩まされるオプションは、故障安心パックプラスか、スマートフォン基本パックSのどちらかだ。

保証オプションが必要な人

故障安心パックプラスとスマートフォン基本パックSのオプションを、どちらも追加するのなら話は別だが、過去にスマホを落としたり、水に濡らしたり、盗まれた経験や、無くしてしまったことがある人は、問答無用で故障安心パックプラスを追加した方がいい。

また、毎日スマホのバッテリーを10%未満まで使うという人も、故障安心パックプラスを追加してもいいと思う。

よく使い、よく充電するとそれだけバッテリーの劣化が早くなり、半日も持たなくなって、どうしようもなくなってくる。

そうなった場合、故障安心パックプラスの一律3000円でバッテリーを交換してくれるサービスがあるので、買ったばかりの新品のバッテリーの持ちが持続する。

スマートフォン基本パックSは、スマホの保証というよりも、スマホのセキュリティや電話する上で、便利な機能が追加されるという内容で、スマホが壊れたときや無くしたときに、スマートフォン基本パックSでは、無償で修理やバッテリーの交換を受けられない。

まとめ

ワイモバイルにも、スマホを購入してからのアフターケアが充実している。

もちろん有料のオプションだが、月々のオプション代と、保証に入っていないスマホの修理費では、断然オプション代の方が安くなる。

オプション代が高いと思うかもしれないが、不要ならば追加しなくてもいい選択もできる。

こればっかりは、店員にすすめられたからではなく、自身と相談して決めてほしい。


契約はオンラインストアで

ワイモバイルの契約なら、オンラインストアがってっとり早くて簡単だ。
わざわざ店舗に行かなくても、家で空いた時間に契約できるのがオンラインストアだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です