ヤング割でお得になるスマホはこれだ! 学生におすすめの機種を選んでみた。

ワイモバイルのヤング割でお得になるスマホをもっと詳しく知りたい。

ワイモバイルの学割は確かにお得で、とてもユーザー目線で親切だ。

しかし、ワイモバイルのスマホのほとんどは、Androidなのだ。

学生の8割がiPhoneという中で、Androidのスマホにしたいと思う学生がどれだけいるだろうか。

そこで、ヤング割でお得になるAndroidスマホと、どうしてもワイモバイルでiPhoneを使いたいときの方法を紹介しようと思う。

ワイモバイルの基本料金を知ろう

ワイモバイルの基本料金は、3つのスマホプランから使い方にあったものを選ぶ、シンプルでわかりやすい。

それぞれの違いは1ヶ月に使える通信料の多さで値段が変わる。

学生なら毎日、動画を見たり、音楽が聴き放題のアプリを使っていると通信料を多く必要とするだろうから、スマホプランM以上をおすすめする。

ワイモバイルのヤング割を適用すると

18歳以下の学生ならば、基本料金からさらに1年間だけだが、1000円安くなる。

3000円で月6GBもの通信が使えるのは、約6000円で5GBのドコモやauと比べると、かなりお得だ。

しかし、1年以降はもとの基本料金に戻ってしまうので、高くなったと錯覚しないように注意が必要だ。

また、通信料の2倍キャンペーンも1年間で終了してしまう。今までと同じように通信をしていると、すぐに速度制限されてしまうので、これも気をつけなければならない。

ヤング割でお得になるスマホ

ワイモバイルで販売してるおすすめのスマホを紹介しよう。

下記の表は税込価格で、基本料金、ヤング割、ワンキュッパ割、家族割を適用させた価格で表示している。

みんなの注目を浴びる nexus6P

5.7インチととても大きな画面のnexus6P。

この機種を持っているだけで、みんなから注目されることだろう。

主にGoogleが作っているスマホなので、ホーム画面もおしゃれでシンプル。
性能も十分で、ゲームや動画再生などもヌルヌル動く。

新規契約
スマホプランS 3218
スマホプランM 3758円
スマホプランL 5918円 
のりかえ(MNP)
スマホプランS 2678円
スマホプランM 3218円
スマホプランL 5378円 

大人な雰囲気でかっこいい nexus5X

手に馴染みやすい大きさのnexus5X。

最近のスマホはアルミ製や背面にガラスなど素材を使って、高級感を出しているが、このnexus5Xはその真逆で、強化プラスチックのみ。

マットな仕上がりになっているので、大人な雰囲気でみんなと差をつけるのもあり。

新規契約
スマホプランS 3434円
スマホプランM 3974円
スマホプランL 5634円 
のりかえ(MNP)
スマホプランS 2894円
スマホプランM 3434円
スマホプランL 5594円 

角がない人に合う 507SH

とても丸みがあり女性らしいデザインの507SH。

柔らかい雰囲気の子によく似合うスマホだろう。
しかし、性能面ではnexus6Pや5Xに劣ってしまうので、注意が必要だ。

新規契約
スマホプランS 3218円
スマホプランM 3758円
スマホプランL 5918円 
のりかえ(MNP)
スマホプランS 2678円
スマホプランM 3218円
スマホプランL 5378円 

学生におすすめなのはiPhone5s

やはり学生には圧倒的人気があるiPhone5s。

4インチととてもコンパクトで、ケースも豊富にある。

しかし、3年以上も前の機種のため、性能も昨日も今のiPhoneに比べるとかなり劣ってしまう。

電話やLINEなどで連絡を取り合うぐらいならば大丈夫だろう。

新規契約
スマホプランS 1598円
スマホプランM 2678円
スマホプランL 4838円 
のりかえ(MNP)
スマホプランS 1598円
スマホプランM 2678円
スマホプランL 4838円 
どうしても他のiPhoneが使いたいなら

SIMカード単体で契約する

SIMフリーのiPhoneを持っているのならば、ワイモバイルでSIMカードだけの契約もすることができる。

その場合は、オンラインストアでしか契約できないため、Webサイトから申し込みをしよう。

新規契約
スマホプランS 1598円
スマホプランM 2678円
スマホプランL 4838円 

SIMフリーのiPhoneを購入する

SIMフリーのiPhoneを持っていない場合は、SIMフリーのiPhoneを購入する必要がある。

SIMフリーとは、SIMロックのかかっていないスマホのことで、どんな通信会社のSIMカードでも、本体にSIMカードを挿せば、電話やネットをすることができる。

iPhoneならば、Appleの公式サイトからSIMフリーを購入することができる。

またはSIMロック解除する

SIMフリーのiPhoneは高価で買えない。

そんな人は、今使っているiPhoneのSIMロックを解除してあげるといいだろう。

SIMロックを解除することによって、SIMフリーのiPhoneとなんら変わりのない働きをしてくれる。

ドコモのiPhoneならばドコモショップで、auならauショップのように、お店にいかないとSIMロックの解除はできないので、ショップに足を運ぼう。

ただし、SIMロック解除はタダでしてくれない。

3240円のお金がかかるので注意が必要だ。

まとめ

ヤング割を適用したおすすめのスマホについて、少しでもわかっていただけただろうか。

ワイモバイルのスマホの大半は、Androidだが、魅力的なものばかりだ。

どうしてもiPhoneを使いたいなら、ワイモバイルのSIMカード単体で契約して、SIMフリーのiPhoneを購入するか、SIMロックを解除してあげよう。

あとはiPhoneにワイモバイルのSIMカードを挿せば、使うことができる。

ワイモバイルの契約ならば、簡単で楽なオンラインストアからの申し込みをおすすめする。

 


契約はオンラインストアで

ワイモバイルの契約なら、オンラインストアがってっとり早くて簡単だ。
わざわざ店舗に行かなくても、家で空いた時間に契約できるのがオンラインストアだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です