ワイモバイルのスマホをあえて比較しないたった1つの理由

  次のスマホはどれにしようかな?

 次はauに乗り換えようか。それとも新しくできたワイモバイルを使ってみようか。 

 最近のスマホ事情や、携帯各社の事情は数年前とは違ってきていて、スマホが登場して以来、月々の料金はどんどん上がってきて、少しでも安くしたいと思うのは、当然のことだ。

 しかし、同じ携帯会社のスマホを使っていては、月々の料金は絶対に安くならない。

 これは保証する。

 現在のドコモやau、ソフトバンクは、新規ユーザーの獲得に狙いを定めていて、特に使っていた番号をそそままに、他社で新規契約できるMNPに力を入れている。

 MNPで新規契約すると、万単位のキャッシュバックや、月々の料金が、機種変更した時の料金と比べ、約1000円から2000円くらいの差ができる。

 それもiPhoneにのみ過剰なまでの割引をして、AndroidのスマホにはMNPしても、通常の新規契約と同じ料金か、100円か200円くらいしか安くはならない。

 不遇の扱いを受けているAndroidスマホだが、ワイモバイルだけがAndroidスマホに力を入れていることは知っているだろうか。

 Androidスマホに興味がある人は、ぜひともワイモバイルに注目してほしい。

ワイモバイルのスマホをおすすめしたい理由

 ワイモバイルはiPhoneの販売をしていない。 

 日本で絶大な人気のあるiPhoneを使って勝負していないところが個人的に好きだ。

 だからauやドコモで扱っていない少し珍しいAndroidスマホを販売しているし、iPhoneに負けず、劣らない性能のスマホだってある。

 個性的なAndroidスマホを使ってみたい人にワイモバイルをおすすめしたい。

スマホの選び方

  Androidスマホを使いたいと思っても、iPhoneとは違って、機種ごとに使い勝手やUI(ユーザーインターフェース)が異なってくる。

 UIとは、一言で表すと「使いやすさ」だ。

 日本製のスマホの代表ともいえるソニーのXperia(エクスペリア)や、シャープのAQUOS(アクオス)などは、「使いやすさ」というよりも「わかりやすさ」の色が強い。

 iPhoneの場合は「直感で使える」「直感でわかる」の両方備わっていて、そのシンプルさが日本で人気がある理由の1つだ。

 海外製のAndroidスマホは日本製スマホの「わかりさすさ」よりも「使いやすさ」を重視している。

 代表的なのはサムスンのGaraxy(ギャラクシー)や、Googleと共にLGやファーウェイ、モトローラが開発したnexus(ネクサス)などが有名だ。

 Androidスマホの選び方は、デザインの好み、持ち心地、使いやすさの3点が主に関わってくるのではないだろうか。

 バッテリーの持ちはどうだとか、スマホの性能のよし悪しは、2の次だと個人的には思う。

ワイモバイルの個性的なスマホたち 

 Androidのスマホを選ぶ場合は、直感で決めることが多い。

 つまり、デザイン、見た目である。

 大手家電量販店で携帯を販売していたとき、Androidスマホをどれにしようかと悩んでいるお客さんが大半で、性能がどうとか、カメラがこうだとか、説明してもほぼ無駄に終わる。

 お客さんからしてみれば、店員はうざいから。

 どれにしようか悩んで、展示品のスマホを眺めているのに、店員が「これはこうで・・・」と話しかけられても、うっとうしいだけだ。

 悩んだ結果、お客さんは直感でAndroidのスマホを選ぶのだ。

 その後に、選んだスマホのことを伝えてあげたらいい。

 nexus5X 

 

 GoogleとLGが共同開発した純正のAndroidスマホ。
 いち早く最新のAndroidOSが使えることができるモデルだ。
 nexus5Xについて詳しくみる 

 LUMIERE 502HW

 

 ファーウェイが開発した安くて高性能なスマホ。
 コスパにすぐれた優秀なモデルだといえる。
 LUMIEREについて詳しく見る 

 AQUOS CRYSTAL Y

 

 シャープが開発した性能も価格も安定したスマホ。
 バッテリーの持ちがよく、女性に人気のあるモデルだ。
 AQUOS CRYSTAL Yについて詳しく見る 

 DIGNO C

 

 京セラが開発した防水、防塵、耐久性に優れたスマホ。
 アウトドアが好きな人に向いているモデルだ。
 DIGNO Cについて詳しく見る 

 Spray

 

 LGが開発した安くてコンパクトなスマホ。
 持ち運びがしやすく予備のバッテリーが完備されたモデルだ。
 Sprayについて詳しく見る 

 nexus6

 

 Googleとモトローラが開発した大画面6インチのスマホ。
 大きさ、性能、デザインとどれもインパクトのあるモデルだ。
 nexus6について詳しく見る 

 ワイモバイルが主に取り扱っているスマホは上記の6機種だ。

 どれも使い道がきっぱりとわかれていて、自身の直感に従ってほしい。

 性能とかバッテリーなどは付加価値にすぎないのだから。

まとめ

 ワイモバイルのスマホの性能や、バッテリーの持ちなどはあえて比較はしない。

 Androidスマホを選ぶときに、1番大事なのは直感だからだ。

 この直感は、必ず正しいと思う。

 ほしいと思ったものを購入するといい。車など、ブランドものの服や時計を選んで買う時と同じように。

 性能や使用感は、付加価値でしかない。あくまでおまけ程度に思ってくれていいだろう。

 ワイモバイルの少し変わった、ワイモバイルでしか味わえないAndroidスマホをぜひとも1度は感じてほしいと思う。


契約はオンラインストアで

ワイモバイルの契約なら、オンラインストアがってっとり早くて簡単だ。
わざわざ店舗に行かなくても、家で空いた時間に契約できるのがオンラインストアだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です