スマホのデータ容量が気になる人必見!ワイモバイルなら14GBまで増やせる

2倍キャンペーン

スマホを使いだして、データ容量を気にしながら、動画やネットを見るようになったのだはないだろうか。

ドコモやau、ソフトバンクのスマホはどれも月に使える通信量の制限をしている。

たとえ、月に7GBあったとして、動画やゲームを頻繁にしていると、すぐに制限されてしまい、通信の速度が遅すぎて、イライラした経験が1度はあることだろう。

通信量を増やすことができれば、誰だって嬉しい。

14GBぐらいあれば、速度の制限されず1ヶ月は過ごせるのに。

今の通信量に不満を持っている人は、ワイモバイルの「データ容量2倍キャンペーン」で、満足することができるだろう。

ワイモバイルのデータ容量2倍キャンペーンとは

ワイモバイルのデータ容量2倍キャンペーンとは、ソフトバンク以外の、auやドコモの携帯電話番号をそのままに、ワイモバイルで新規契約をすると、月に使える通信量が2倍になるキャンペーンのこと。

さらに、ワイモバイルのスマホやPHSからの機種変更でも、データ容量が2倍になる。

しかし、データ容量を2倍にできるのは、スマホプランのみで、ポケットWiFiプランや、データプランは対象外となっている。

このキャンペーンを適用できるのは個人のみで、法人契約の場合は適用されない。

対象者 個人契約
条件

他社から乗り換え(MNP)で新規契約

機種変更

料金プラン スマホプランS/M/Lのみ

スマホプランのデータ容量

ワイモバイルのスマホプランには、月に使える通信の量が決っていて、1GB、3GB、7GBとなっている。

スマホプランS GB
スマホプランM 3GB
スマホプランL 7GB

決った以上の通信を行うと、制限されてしまい、翌月まで解除できないが、「快適モード」のオプションや、通信量を戻す申込をすると、制限されてしまった通信が解除でき、速くなる。

しかし、快適モードも通信量を戻す申込も、追加で料金が発生してしまい、500MB戻ごとに500円の料金を取られてしまう。

500MB 500円

データ容量2倍キャンペーンを適用しても、自動的に通信量を増やしてくれるわけではなく、 通信量を戻す申込をしなければならない。

この申込をしない限り、たとえ、データ容量2倍キャンペーン適用されていても、各スマホプランの月に使える通信量の上限を超えると、速度制限されてしまう。

通常、申込をすると追加で料金を取られるのだが、このキャンペーンを適用している人なら、無料で通信量が増やすことができる。

 MNPや機種変更で2倍に!

スマホプランSなら1GBMなら3GBLなら7GBまで増やすことが可能だ。

スマホプランS GB +1GB(1000MB
スマホプランM GB +3GB(3000MB
スマホプランL GB +7GB(7000MB

ワイモバイルと契約した後、データ容量を増やす申込については、My Y!mobileからできる。

キャンペーン期間

ワイモバイルのデータ容量2倍キャンペーンは、2015年9月1日から提供が開始されていて、今のところは特に、終了期間を設けていない。 

まとめ

スマホの月に使えるデータ容量が足りないという人は、ワイモバイルにするとデータ容量が2倍になり、最大で14GBも1ヶ月に使えるようになる。

ワイモバイルのデータ容量2倍キャンペーンはドコモやauからの番号そのままで乗り換えて新規契約した場合と、ワイモバイルのスマホやPHSから機種変更すると、適用されるキャンペーンだ。

注意点もあり、ソフトバンクからのMNPでは適用されないし、法人の契約でも適用されなず、ワイモバイルのスマホプランだけで、ポケットWiFiプランは対象外となっている。

よく動画やゲームをする人や、デザリングをしてタブレットやノートパソコンと接続する人は、ワイモバイルのデータ容量2倍キャンペーンは、とても魅力的ではないだろうか。


契約はオンラインストアで

ワイモバイルの契約なら、オンラインストアがってっとり早くて簡単だ。
わざわざ店舗に行かなくても、家で空いた時間に契約できるのがオンラインストアだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です