ポケットWiFiの速度が遅いし古い。504HWに買い替えだ

504hw_top

通信の速さにこだわっている人は多い。

今まで使っていたポケット WiFiの通信速度が遅いと感じている人や、3年使っていて、直に買い替えを考えている人にとって、ワイモバイルはすばらしいポケットWiFiを販売した。

それが、504HWという機種だ。

販売されているポケットWiFiの中で、100Mbps以上もの差をつけた最速の504HWについて、詳しく知ってほしい。

PocketWiFi 504HW

まずはどんな機種なのかを見てみよう。

504HWの正面。画面はタッチパネルでとてもわかりやすい。

504HWの側面。エッジの効いたスタイリッシュなデザイン。

504HWの背面。ガラスのようなツヤがある。

504HWの性能

サイズ 幅106 × 高さ64 × 厚さ17mm
重さ 157g
通信時間 9時間
バッテリー容量 3000mAh
接続台数 10台
通信方式 AXGPLTE
無線LAN規格 11a/b/g/n/ac
通信速度 LTE: 下り 187Mbps/上り 37.5Mbps
AXGP:下り 261Mbps/上り 10Mbps
メーカー HUAWEI
価格 4万1400円

504HWは通信速度に優れている

ワイモバイルのポケットWi-Fiの中で、100Mbpsもの差をつけて、最速の通信速度を誇っていて、なにより、通信速度にこだわっている人は、満足できる機種ではないだろうか。

しかし、最大速度の261Mbpsもの速度は基本的にでない。

AXGPという通信を行っているときにのみ、261Mbpsまで速度がでるようになるのだが、ベストエフォード式といって、回線を使っている人が多いほど、周りの環境によって調整されて、通信速度が遅くなるからだ。

さらにAXGPの通信方式が使えるエリアは、都市部に集中していて、かなり狭い。

504HWは261Mbpsまでの速度がでるのだが、エリアがかなり限定されてしまうため、購入する前によく確認するといいだろう。

LTE方式での通信は、日本中広い範囲で対応していて、187Mbpsでも十分な速度を保つことができるので、安心できる。

504HWの料金プラン

新規契約
Pocket WiFiプラン2 3991円
通信量 7GB
機種変更
Pocket WiFiプラン2 3991円
通信量 7GB

504HWの料金プランは、Pocket WiFiプラン2になり、新規契約でも機種変更でも、料金に違いはない。

Pocket WiFiプラン2は、3年間の契約期間があり、7GBの通信を超えてしまうと、翌月まで速度制限されるので、通信量をこまめに確認することをすすめる。

1ヶ月に7GB以上の通信をすると制限されてしまうが、3日に3GB以上の通信をしてしまうと、翌日まで速度制限がされるので使い過ぎにも注意だ。

月々の料金が3991円で、しかも504HWの分割代を含めた金額なので、これ以上、オプションを付けない限り、3年間は高くなることはない。

3年後の料金

3年後の料金
Pocket WiFiプラン2 4531円
通信量 7GB

3年間、504HWを使いきると、月々の料金が540円高くなり、4531円となる。

なぜかというと、もともとのPocket WiFiプラン2の料金は、4531円なのだ。
新規契約や機種変更をすることによって、540円の割引があり、その期間が3年間という仕組みだ。

少しでも安くしたいのなら、3年後に機種変更や新規契約で、新たにワイモバイルのPocket WiFiを契約し直すことで、また3年間の割引を適用できる。

3年後になにかしらの行動をしないと、1ヶ月に540円も損をしてしまう。

アドバンスオプションで通信制限がなくなる

アドバンスオプション
月額 684円

Pocket WiFiプラン2のみ、通信量の制限がなくなるアドバンスモードのオプションを追加することができる。

しかし、261Mbpsの高速通信と同じく、AXGPの通信でのみ通信量の制限がないため、エリアがかなり限定されてしまい、日本全国対応しているわけではない。

エリアと環境でこのオプションを追加するかしないか、分かれるので、自宅周辺などがAXGP対応のエリアかどうか確認するといいだろう。

通信量の制限がなくなるオプションだが、3日で3GB以上使うと翌日まで速度制限されるので注意も必要だ。

504HWの学割
新規契約
Pocket WiFiプラン2 3991円
アドバンスオプション 無料
通信量 7GB

25歳以下の人が、504HWを新規契約すると、Pocket WiFi学割が適用され、アドバンスオプションが、3年間だけ無料で使えるとってもお得な内容となっている。

もし、自宅や学校がAXGP対応のエリアだと、通信量をあまり気にすることなく、ネットなどをすることができるので、ぜひとも学割を活用しよう。

たとえ、AXGP対応のエリア外だったとしても、無料で使えるため、追加していても損はしない。

店舗に行かなくても契約できる

ワイモバイルは、ネット通販で欲しい商品を買うように、実際のお店に行かなくても、オンラインストアで契約することができる。

なかなか休みが取れない人や、お店で店員と話しをするのが苦手な人は、ワイモバイルのオンラインストアからの契約をしてみてはいかがだろう。

最短で、2日後には家まで届けてくれて、とても便利だ。

まとめ

ポケットWiFi 504HWは、より速い通信速度にこだわる人に向いている。

今現在、使っているポケットWiFiの通信速度に不満をもっているのなら、買い替えを考えてみてはいかがだろうか。

この504HWなら日本全国、快適で安定した通信を行うことができるだろう。その中でも、AXGP対応のエリアならば、504HWの性能を120%引き出せる。

通信速度を重視する人にとって、それは120%、応えてくれるだろう。

さらにアドバンスオプションもあるため、通信量をあまり気にしなくなるのは、たいへん便利なのではないだろうか。


契約はオンラインストアで

ワイモバイルの契約なら、オンラインストアがってっとり早くて簡単だ。
わざわざ店舗に行かなくても、家で空いた時間に契約できるのがオンラインストアだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です