【2018年最新版】ワイモバイルでおすすめしたいスマホ、おすすめしないスマホを選んでみた

ワイモバイルは年々、魅力的な機種を増やし続けて、契約数をどんどん伸ばしている。

選べるスマホが増えるということは、それだけ選ぶ側からすれば、どれがいいのか悪いのかが見えなくなってくる。

昔のようにガラケーの性能はどの機種もほぼ同じで、ガラケーのデザインと電話とメールが使えればよかった。そこにワンセグの機能があるなら更にによかった。

そんな選び方は、スマホではできなくなっているのが現状だ。

そこで、ワイモバイルから販売されているスマホの選び方のポイントと、おすすめしたいスマホ、おすすめしないスマホを紹介しようと思う。

スマホの選び方のポイント

CPUの性能

ワイモバイルのスマホに限らず、大手キャリアが販売するスマホ全体的に言えることだが、まずはどのぐらいの性能のスマホが欲しいのかを決めなけらばならない。

性能の選び方のポイントは、2年間、同じスマホを使わなければならないというところだ。

2年後も使えるような性能でなければ、長く使えることができず、スマホの性能が足りなくて、できることの範囲が狭くなり、結局買い換えをすることにもなる。

カメラの性能

2つ目の選び方のポイントは、スマホできれいな写真を撮りたいと思っているのなら、カメラの性能も多少は気にした方がいい。
ふとした瞬間を写真で残したい場合、一眼レフカメラより手軽なスマホで撮影する機会も多くなるだろう。

防水・防塵の性能

3つ目のポイントは防水・防塵機能が備わっているかどうかだ。

防水と防塵がなければ、雨の日など水気がある場所でスマホを使うとき、かなり気を使わないといけなくなり、煩わしく感じることもある。防水と防塵の機能は今は必須といえるだろう。

上記の2年後も使える性能か、カメラの性能はどうか。防水・防塵があるのか、3つのポイントを踏まえて、選んでみてほしい。

ワイモバイルのiPhoneと料金

iPhone6s

CPU A9 チップ
カメラ 12MP F2.2 5倍デジタルズーム
ビデオ 4K(30fps) 1080p(60fpsまで対応)
防水・防塵 ×
プラン 料金 料金(一括購入時)
スマホプランS 3,758円 842円
スマホプランM 4,298円 1,382円
スマホプランL 6,458円 3,542円

※税込み表示
※新規契約時の料金
※32GBモデルの料金

iPhone SE

CPU A9 チップ
カメラ 12MP F2.2 5倍デジタルズーム
ビデオ 4K(30fps) 1080p(60fpsまで対応)
防水・防塵 ×
プラン 料金 料金(一括購入時)
スマホプランS 2,138円 302円
スマホプランM 3,218円 1,382円
スマホプランL 5,378円 3,542円

※税込み表示
※新規契約時の料金

ワイモバイルのAndroidと料金

Android One X4

CPU SDM630(オクタコア)2.2GHz + 1.8GHz
カメラ 16MP CMOSセンサー AF
ビデオ 4K(-fps) 1080p(-fps)
防水・防塵
プラン 料金 料金(一括購入時)
スマホプランS 3,974円 1,166円
スマホプランM 4,514円 1,706円
スマホプランL 6,674円 3,866円

※税込み表示
※新規契約時の料金

Android One X3

CPU SDM630(オクタコア)2.2GHz + 1.8GHz
カメラ 13MP CMOSセンサー AF
ビデオ 1080p(-fps)
防水・防塵
プラン 料金 料金(一括購入時)
スマホプランS 3,974円 1,166円
スマホプランM 4,514円 1,706円
スマホプランL 6,674円 3,866円

※税込み表示
※新規契約時の料金

Android One S4

CPU MSM8937(オクタコア)1.4GHz+1.1GHz
カメラ 13MP AF
ビデオ 1080p(-fps)
防水・防塵
プラン 料金 料金(一括購入時)
スマホプランS 2,138円 2,138円
スマホプランM 3,218円 3,218円
スマホプランL 5,378円 5,378円

※税込み表示
※新規契約時の料金

Android One S3

CPU MSM8937(オクタコア)1.4GHz+1.1GHz
カメラ 13MP AF
ビデオ 1080p(-fps)
防水・防塵
プラン 料金 料金(一括購入時)
スマホプランS 2,138円 2,138円
スマホプランM 3,218円 3,218円
スマホプランL 5,378円 5,378円

※税込み表示
※新規契約時の料金

nova lite2

CPU Kirin 659 オクタコア 2.36GHz+1.7GHz
カメラ 13MP AF
ビデオ 1080p(-fps)
防水・防塵 ×
プラン 料金 料金(一括購入時)
スマホプランS 2,570円
スマホプランM 3,218円
スマホプランL 5,378円

※税込み表示
※新規契約時の料金

P20 ilte

CPU Kirin659 (オクタコア) 2.36GHz + 1.7GHz
カメラ メインカメラ: 16MP AF F2.2
インカメラ: 16MP F2.0
ビデオ 1080p(-fps)
防水・防塵 ×
プラン 料金 料金(一括購入時)
スマホプランS 3,218円 1,328円
スマホプランM 3,758円 1,868円
スマホプランL 5,918円 4,028円


※税込み表示
※新規契約時の料金

P10 Plus

CPU Kirin 960 オクタコア 2.4 GHz A73 + 1.8 GHz A53
カメラ 12MP F1.8 AF 光学手ブレ補正
ビデオ 4K 1080p(-fps)
防水・防塵 ×
プラン 料金 料金(一括購入時)
スマホプランS 3,866円
スマホプランM 4,514円
スマホプランL 6,674円

※税込み表示
※新規契約時の料金

P10 lite

CPU Kirin 659 オクタコア 2.1GHz+1.7GHz
カメラ 12MP F2.2 AF
ビデオ 1080p(-fps)
防水・防塵 ×
プラン 料金 料金(一括購入時)
スマホプランS 2,570円
スマホプランM 3,218円
スマホプランL 5,378円

※税込み表示
※新規契約時の料金

 

Mate10 Pro

CPU Kirin 970 オクタコア 2.36GHz+1.8GHz
カメラ 12MP F1.6 AF 光学手ブレ補正
ビデオ 4K 1080p(-fps)
防水・防塵 ×
プラン 料金 料金(一括購入時)
スマホプランS 4,838円
スマホプランM 5,486円
スマホプランL 7,646円

※税込み表示
※新規契約時の料金

Mate10 lite

CPU Kirin 659 オクタコア 2.1GHz+1.7GHz
カメラ 16MP AF
ビデオ 1080p(-fps)
防水・防塵 ×
プラン 料金 料金(一括購入時)
スマホプランS 2,732円
スマホプランM 3,380円
スマホプランL 5,540円

※税込み表示
※新規契約時の料金

ワイモバイルでおすすめしたいスマホ

iPhone6s

iPhone6sは3年前の機種でも、さくさく動くCPUの性能と、きれいに撮影できるカメラの性能を備えている。
ただ、残念なポイントは、防水・防塵がないということだ。

水滴程度ならば平気だが、大雨が降っていたり、水に浸かってしまった場合などは、故障の原因となるだろう。

水回りでの使用は気を使わなければならいポイントがマイナスだ。

iPhone SE

iPhone6sを小さくしたiPhoneで、CPUの性能もカメラも防水・防塵がないところも、全く同じなため、4.7インチのディスプレイが大きいと感じる人は、小さい4インチのiPhoneSEにするといいだろう。

Android One X4

6月に発売される最新のスマホで、CPUの性能やカメラ、防水機能も備わっているため、おすすめしたいスマホの1つだ。

8つのコアがあるCPUで、どんなアプリを使ったとしても、さくさく動いてくれる。そして、カメラは1600万画素、オートフォーカス機能も付いているため、簡単にすばやく撮影することができる。

また、4K画質の動画も撮影できるため、時代に乗ったスマホと言えるだろう。

P20 lite

6月中旬に発売予定のファーウェイのSIMフリースマホ。

CPUの性能はnova lite2と同じで、防水・防塵が備わっていないのだが、P20 liteはインカメラがとても優秀だ。

だいたいのスマホのインカメラの画素数は800万画素ぐらいなのだが、このP20 liteは倍の1600万画素のインカメラを備えているのだ。

自撮りもよりきれいに撮影できるし、もちろん、メインカメラでもきれいな撮影ができる。カメラに力をいれたスマホだ。

P10 Plus

ファーウェイのSIMフリースマホで、オクタコアのCPU、1200万画素のカメラまではよかったのだが、防水・防塵機能がないため、このスマホも水濡れに気をつけなければならない。

防水がないのはマイナスだが、CPUの性能と絞り値が1.8まであるのでとても明るく綺麗に撮れるカメラの機能、そして4Kの動画撮影ができればいいという人向けのスマホだ。

Mate 10 Pro

ファーウェイのSIMフリースマホで、P10 Plusの上位機種のような位置づけのスマホだ。

CPUの性能はP10 Plusと同じもので、Mate 10 Proはカメラの機能が強化されている。

P10 Plusの絞り値はF1.8だが、Mate10 ProはF1.6まで性能が上がっており、より明るく撮影できるようになった。もちろん、4Kの動画撮影が可能だ。

ただし、防水・防塵の機能がないため、水濡れには気をつけなければならない。

ワイモバイルでおすすめしないスマホ

Android One X3

CPUの性能、きれいに撮影できるカメラ、防水・防塵の機能を備えたスマホなのだが、Android One X4がこのX3の上位機種になるため、わざわざ下位グレードを選ぶ必要なないと思う。

X4とX3を比べると、4Kの動画の撮影ができずカメラの画素数が劣るため、おすすめしないスマホだ。

Android One S4 S3

S4とS3はCPU、カメラ、防水・防塵の機能までもがまったく同じスマホだ。

S4は京セラ製、S3はシャープ製とメーカーが異なるぐらいで、X4やX3とCPUが同じくオクタコアなのだが、やや性能が劣る廉価版なのだ。

2年後も使って行けるような性能のCPUだが、わざわざ性能の劣るスマホを選ぶ必要はないと思ったので、おすすめしないスマホの1つとした。

nova lite2

ファーウェイのSIMフリースマホ。CPUもカメラの性能も申し分ないのだが、やはり防水と防塵機能がない。

nova lite2のCPUとカメラを強化した上位機種として、P10 PlusやMate10 Proがあるため、コスパを重視するならおすすめのスマホだが、CPUとカメラの性能からすれば、上位機種があるためおすすめしないスマホだ。

P10 lite

ファーウェイのSIMフリースマホ。

P20 liteやP10 Plusの下位グレードのスマホで、どちらにもCPUの性能、カメラの機能で劣る。

上位機種があるため、おすすめしないスマホの1つだ。

Meta 10 lite

ファーウェイのSIMフリースマホ。

P10 liteと同じく、Mate10 Proの下位グレードで性能が劣る。
上位機種があるため、Mate10 liteはおすすめしない。

まとめ

ワイモバイルから販売されているスマホで、おすすめしたいスマホ、おすすめしないスマホを参考にしていただけると幸いだ。

個人的に最もおすすめしたいスマホはiPhone6s。
Androidならば、6月の発売予定のX4とP20 liteだ。

2年後も使える性能のオクタコアのCPUに、ハイスペックのスマホにも負けないぐらい、きれいに撮影できるカメラ性能。それにX4は4Kで動画も撮影できる。これから先の時代まで考えられたスマホだ。

スマホの選び方には他にも、料金安さや持ちやすさ、画面の大きさなどの選択の余地はあるが、あえて料金面や画面の大きさでスマホを選ばなかった。

もちろん、毎月かかるコストは安い方がいいし、スマホの画面が大きければ、動画などとても見やすいだろう。
スマホは日常的に使うものだからこそ、長くより使い勝手がいいスマホを選んでほしい。

 


契約はオンラインストアで

ワイモバイルの契約なら、オンラインストアがってっとり早くて簡単だ。
わざわざ店舗に行かなくても、家で空いた時間に契約できるのがオンラインストアだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です