ワイモバイルの故障安心パックSは後から加入ができない保証オプション

ワイモバイルのケータイを購入したときに、保証のオプションを追加するかしないかを選ぶのに悩む人は多い。

しかし、保証のオプションが必要な人と不要な人にわかれる。

保証オプションの内容をしっかりと確認して、自分に必要かどうかを選択してほしい。

ワイモバイルのケータイの、故障安心パックSについて説明しようと思う。

故障安心パックSとは

ケータイが水に濡れて動かなくなった。

ケータイを落としてしまって、画面が割れてしまった。

そんなもしものことが起きた場合、故障安心パックSに加入していると、ワイモバイルでケータイの修理が可能だ。

故障保証
サービス
故障の際に修理代が発生した場合
無料で修理(水濡れは対象外)
水濡れ全損
保証サービス
水濡れ・全損の場合
修理代は5000円。(外装交換が必要なら+1500
内蔵バッテリー
交換割引サービス
電池パック無料交換
盗難・紛失保証
サポート
盗難・紛失した端末を
低価格で購入できるサービス
破損保証
サービス
外装破損時の修理代金を90%割引
復旧サービス 水濡れした端末のメモリーデータを復旧し、別の端末に移行するサービス

上記のサービスが、故障安心パックSに申込をすると受けることが出来る。

対応しているケータイ

対応機種 AQUOSケータイ DIGNOケータイ
申込 必要
料金 500円/月

ケータイの契約と同時申込のみ、加入可能。後からの追加で申込は不可で、ケータイの契約と同時に申込で、1ヶ月間は無料で使える。
月途中の加入でも、日割り計算はされない。

注意点

※内蔵バッテリー交換割引サービスは、1年以上の使用で適用される。
※水濡れ全損保証サービスと盗難・紛失保証サービスを使用後、6ヶ月間は使用できない。
※盗難・紛失保証サービスで端末を購入して機種変更する場合、契約期間がリセットされ、端末を購入した日から2年間の契約となる。
※水濡れ全損保証サービスで端末を購入して機種変更する場合、契約期間のリセットはされない

故障安心パックSが必要な人

ケータイの性能によっては、防水ではなかったり、よくケータイを落としてしまう人や、過去にケータイを盗まれたり、忘れたりして紛失したことのある人など、不安だな。と思う方が加入するといいだろう。

絶対にケータイを落とさない人や、水に濡らさない人、置いた場所を忘れないと自身がある方は、加入しなくてもいい。

ただし、契約と同時に申込をしないと、この故障安心パックSは後からの加入ができない。

ので、しっかりケータイの使い道を考えて、必要か不要か見極めが肝心だ。

まとめ

ワイモバイルの故障安心パックSは、落としたときや、水に濡れたとき、ケータイを無くしたときに保証してくれるオプションだ。

基本パックSやWと間違わないように注意しよう。


契約はオンラインストアで

ワイモバイルの契約なら、オンラインストアがってっとり早くて簡単だ。
わざわざ店舗に行かなくても、家で空いた時間に契約できるのがオンラインストアだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です