ワイモバイルとMVNOとの違いとは?

格安SIMや格安スマホが賑わいを見せる中、聞きなれない言葉やアルファベットがずらりと並び、あまり理解せずに、なんとなく安いからという理由で、格安SIMや格安スマホを選んでいないだろうか。

安さばかりに目がいって、そもそも契約した格安SIMは安心できるところかどうか、知らずにいるのではないだろうか。

普段、格安SIMやスマホを使っていて、通信速度が遅いと感じている人は、格安SIMや格安スマホのことについて、しっかりと見直して理解する必要があるだろう。

これからワイモバイルや格安SIMに乗り換えや契約を考えている人も、あるポイントを理解しておくだけで、ワイモバイルと格安SIMのサービスを提供しているMVNOの違いについて、はっきりわかるようになる。

MVNOとは

Mobile Virtual Network Operator(仮想移動体通信事業者)の頭文字をとって、「MVNO」と呼ばれている。

MVNOは大手キャリアのドコモ、au、ソフトバンクの通信回線を借りて、音声通話やデータ通信のサービスを提供する事業者のことだ。

ちなみに、大手キャリアはMobile Network Operator(移体通信事業者)の頭文字をとり、「MNO」と呼ばれ、MNOは通信回線を自社で設置して運用し、独自の通信サービスを提供する事業者だ。

格安SIMを提供しているMVNOは自社の通信回線を使っておらず、大手キャリアの回線を借りて通信サービスを提供しているため、破格の値段設定にできる。

MNOはMVNOに回線を売り、MVNOはMNOから回線を仕入れ、販売しているので、小売に近い商売をしてると言えるだろう。

MVNOの特徴は2つ

破格の安さ

MNOの回線を仕入れて、売っているため、かなり安い価格で提供できるのがMVNOの得意分野だろう。

好きな回線を選べる

MVNOの中では、MNOから回線を複数借りているところもあり、ドコモの回線、auの回線を選ぶことができる。基本的に通信エリアに関しては、どちらのキャリアもほぼ同じだろう。

MVNOは通信速度が遅くなる

MVNOはMNOから通信回線を借りてサービスを提供しており、借りている回線の量も各MVNOによって異なり、通信速度にばらつきがある。

特に12時台と18時台はアクセスが集中する時間帯で、1Mbpsから10Mbpsの間ぐらいまで速度が低下するといっても、LINEやメールなどを送るぐらいならば問題ない程度。

MVNOは利用者で回線を分け合っているため、契約数が増えるほど、通信が遅くなる。
どんどん格安SIMの市場は大きくなっているため、利用者がさらに増え続けると、通信速度が落ちてしまうことにもなってしまう。

ワイモバイルは格安SIMだがMNO事業者

ワイモバイルは格安SIMだが、運営会社がソフトバンクのため、自社の通信回線を使って、サービスを提供しているMNOとなる。

MVNOは時間帯によって、通信の速度が落ちてしまうが、ワイモバイルはMNOのため、常に安定した速度で通信ができるのが特徴だ。

たとえ、契約数が増えて利用者が多くなったとしても、ソフトバンクは通信設備にかなり投資をしていので、まず、繋がりにくい状況にはなりにくい。

しかし、ワイモバイルは自社の回線を使っているので、料金プランはMVNOと比べて少し高めなのがネックだ。

まとめ

ワイモバイルと格安SIMのサービスを提供しているMVNOの違いは、通信の安定さにある。

自社の回線でサービスを提供する「MNO」、MNOの回線を借りてサービスを提供する「MVNO」の違いはとてもわかりやすい。

安定した速度を重視するならば、ワイモバイルをおすすめするが、通信速度が遅くても、とにかく安さを重視するならば格安SIMを提供するMVNOをおすすめする。


契約はオンラインストアで

ワイモバイルの契約なら、オンラインストアがってっとり早くて簡単だ。
わざわざ店舗に行かなくても、家で空いた時間に契約できるのがオンラインストアだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です