スマホを一括購入するときのメリットとデメリットは?

スマホを契約するときに、機種代を一括か分割かを必ず選ぶと思うが、一括購入か分割購入のどちらが安くなるか、知っているだろうか。

もちろん、一括購入の方だ。

なぜ安くなるのかを、ワイモバイルのスマホの料金プランを例にして、わかりやすく説明したいと思う。

ワイモバイルの料金プラン

ワイモバイルの料金プランはいたってシンプルで、スマホプランS、M、Lの3つの中から自分にあったものを選ぶことができる。

それぞれの違いは1ヶ月に使える通信量の多さによって料金が高くなる。

スマホ料金の仕組み

スマホはとても身近なものなのに、料金プランの仕組みを知らない人が多い。

スマホの料金は大きく分けて、基本料金、スマホの機種代、割引の3つにわけることができる。

基本料金

スマホを契約するにあたって、基本的にかかる料金のこと。

料金プランによって高くなったり、安くなったりするが、ワイモバイルの料金プランはドコモやauと違って、シンプルでわかりやすく、誰にでも簡単に理解することができる。

機種代

スマホを分割で購入したときにだけ、かかる料金。

スマホは決して安い買い物ではないため、多くの人が分割購入で契約しがちだ。

この機種代がスマホ代を高くしている原因の1つ。

月額割引

月額割引は、スマホの機種によって割引額が異なってくるのだが、基本的には、ワイモバイルを契約した人全員に適応される。

税込み1080円から最大で2700円もの割引を毎月してくれるため、スマホ代を安くするには必須のサービスだ。

分割購入のメリット

少しずつ払える

高性能なスマホは8万円以上するため。決して安くない。

そのため、分割で購入する人が多い。

分割購入のメリットとしては、高いスマホの本体価格を分割で少しずつ支払うことによって、負担を減らしてくれることだ。

月額割引がある

たとえ、スマホを分割で購入して、毎月少しずつ払ったとしても、月額割引きがあるため、実際に払っている機種代よりも料金が抑えられて、安くなる。

※月額割引は、スマホの機種代ではなく、基本料金を割引していることを覚えておこう。

分割購入のデメリット

分割はローンと同じ

スマホを分割で購入するということは、ローンを組んでいることになる。

当然、個人の信用情報に関わることなので、スマホ代を払えなかったりすると、信用情報に傷がつき、今後、車や家のローンを組むことができなかったり、スマホを契約するのでさえ、断られることになる。

一括購入のメリット

料金が安くなる

スマホの料金プランは大きくわけて3つだ。

基本料金、機種代、月額割引。

この内の機種代がなくなるということは、基本料金と月額割引しか残らない。

そのため、うまく月額割引を利用すれば、毎月のスマホの料金を1000円以下にすることができる。

信用情報に傷がつかない

スマホを一括購入すると、毎月の料金がかなり安くなるため、払えなくなる状況には陥りにくいとは思うが、もし、払えなくなっても個人の信用情報に傷はつかない。

未払いになても、その分のワイモバイルの基本料金さえ払ってしまえば、また契約することがきる。

一括購入のデメリット

お金がいる

スマホを一括で購入する場合は、契約時にまとまったお金が必要となる。

スマホが高性能なものほど、価格は上がっていくため、8万円以上は準備しなくてはならない。

8万円も準備できないなら、手の届きそうな価格のスマホで契約するか、分割で購入するしかないだろう。

まとめ

スマホを一括で購入するときのメリットとデメリットについて、少しでもわかっていただけただろうか。

ワイモバイルの料金プランの仕組みさえ、わかっていれば、毎月の料金を安くすることができるし、信用情報にも影響しない。

お金があるのならば、できるだけスマホは一括で購入するといいだろう。


契約はオンラインストアで

ワイモバイルの契約なら、オンラインストアがってっとり早くて簡単だ。
わざわざ店舗に行かなくても、家で空いた時間に契約できるのがオンラインストアだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です