ワイモバイルのスーパーだれとでも定額は必要か不要か

ワイモバイルのスマホプランS/M/Lは、どの料金プランでも無料通話ができる。

しかし、10分以内の通話に限り、月に300回までと決まっているため、それを超える通話をしてしまうと、通話料を取られてしまう。

10分以内の電話が月300回までに収まらない人が、スーパーだれとでも定額のオプションを追加すると、かなり通話料が節約できるだろう。 

スーパーだれとでも定額とは

10分以内、300回までの制限が煩わしい、足りないと思う人は、スーパーだれとでも定額のオプションを追加すると、その制限が解除される。

つまり、何時間でも話せて、回数を気にする事なく電話をかけれる。さらに、auやドコモといった他社のケータイ、スマホ、固定電話への通話さえ無料になるといった、電話をよくする方にはかなりお得なオプションと言える。

スーパーだれとでも定額 1000円/月

スマホプランに+1000円で、だれとでも無料通話をすることができる。

自分に必要と感じたら、契約するときに申し込みをしておくと、その月から時間と回数を気にする事なく電話ができる。

契約のときにいらないな。と思った人でも、電話の使用頻度や、通話の時間が長いなどの様子をみてから、スーパーだれとでも定額が必要と感じたときは、後からでも追加することができる。

スマホとケータイとでは内容が違う

ワイモバイルのスーパーだれとでも定額は、スマホとケータイにわかれていて、それぞれ、若干ではあるが、スーパーだれとでも定額の内容が異なっている。

ケータイプランには無料通話はついていない

ケータイプランには無料通話がなく、ワイモバイル同士の電話しか無料にならない。
ケータイプランについて詳しく見る

スマホプランなら10分以内の通話を月に300回までの制限はあるが、無料通話ができる。しかし、ケータイプランで無料通話をするならば、だれとでも定額のオプションを追加しないといけない。

だれとでも定額とは

ケータイプランには、無料通話がない。だから、だれとでも定額のオプションで無料通話を追加する必要がある。

だれとでも定額は、10分以内の通話を月に500回まで無料で電話をすることができるオプションだ。

スマホプランの月300回から月500回と多く、ケータイプランの方がより電話をする人向けとなっている。

だれとでも定額 934円/月 10分以内の通話 月500回まで

ケータイのスーパーだれとでも定額とは

ケータイプランで無料通話をするには、だれとでも定額のオプションを追加する必要があるが、もちろん制限がある。

10分以内の通話を月に500回を超えるようならば、このケータイ版のスーパーだれとでも定額にオプションを切り替えた方が、通話料が安くなる。

時間の制限もなく、回数の制限もなくなり、さらに、ケータイ版のスーパーだれとでも定額には、インターネットをどんなに使っても、無料になるのだ。

スーパーだれとでも定額 1500円/月 時間と回数が無制限 インターネット無料

スマホのスーパーだれとでも定額に比べて500円高いが、その分、ケータイでインターネットをどんなに見ようが、無料になる内容がが追加されている。

ここがスマホとはことなる点だ。

必要か不要か

基本的にスーパー誰とでも定額は、必要のないオプションだ。

スマホなら、月に300回の電話をかけるようであれば、いつでも追加できし、ケータイでも同じことが言える。

必要と感じたときに追加するといいだろう。

まとめ

ワイモバイルのスーパーだれとでも定額は必要な人は、よく電話をかける人、10分以上の電話をしてしまう人に当てはまるのなら、追加しても損はしないオプションだ。

ただし、スマホとケータイとでスーパーだれとでも定額の内容に若干の違いがあるため、気をつけなければならない。


契約はオンラインストアで

ワイモバイルの契約なら、オンラインストアがってっとり早くて簡単だ。
わざわざ店舗に行かなくても、家で空いた時間に契約できるのがオンラインストアだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です