ワイモバイルもドコモやauと同じようにテザリングができる

スマホの通信を使って、家の外でもパソコンやタブレットを使いたい人は多い。

ドコモやauのスマホはテザリングという機能を使って、スマホをポケットWi-Fiのようにすることができる。

ワイモバイルはどうか。

もちろん、テザリングの機能を使うことができる。

そのテザリングについて、詳しく説明しようと思う。

テザリングとは

テザリングとは、スマホをWiFiルーターとして利用でき、他のWiFiに対応した器機がネットに接続できる機能のこと。
ノートパソコンやタブレット、3DSのようなゲーム機が、どこでもネットに接続ができる、たいへん便利な機能だ。

ワイモバイルのスマホも一部の機種だけだが、auやドコモのスマホと同じく、テザリング機能が使える。

対応
機種
iPhone5s AQUOS Y2 AQUOS Xx-Y
nexus5X LUMIERE DIGNO E
申込 不要
料金 無料

機種によっては同時に接続できる器機の台数が決まっている。最大で10台までの接続が可能だ。

テザリングの注意点

テザリングには注意点がある。

テザリングで接続したノートパソコンやタブレットでネットなどの通信を行うと、契約している料金プランの通信量が共有されているため、使い過ぎには気をつけないといけない。

ワイモバイルで契約した時の料金プランによって、通信量の多さは異なってくる。

通信量は共有される

スマホプランS 1GB/月
スマホプランM 3GB/月
スマホプランL 7GB/月

スマホプランSだと、1ヶ月に使える通信量が少ないため、テザリングをしたパソコンやタブレットでネットをしてしまうと、どんどん通信量が増えて、速度制限がかかる。

しかし、スマホプランLだと、1ヶ月に7GBまでの通信が可能だ。ワイモバイルで購入したスマホ以外のタブレットなどで1GBの通信をしても、まだまだ使える。

ワイモバイルで購入したスマホでネットを使う時と、テザリングしたタブレットでネットをすると、通信量が足されてしまう。

スマホプランLの通信量が7GBあるが、ワイモバイルで購入したスマホで1GBの通信しかしてなくても、テザリングで6GB使っていると、速度制限がかかる仕組みとなっている。

ポケットWiFiとテザリング

ポケットWiFiとテザリングは、同じような機能だが、料金や使い方が異なる。

ポケットWiFiは、パソコンやタブレットなどの器機をポケットWiFiに接続して、ネットをするもので、テザリングと変わりのない機能を持っている。

テザリングは無料で使えるが、ポケットWiFiは料金が毎月かかり、3年は使わないといけない。

ポケットWiFi 2480円〜/月 3年間
テザリング スマホプランに無料でついている 2年間

ポケットWiFiとテザリングの使い方

ポケットWiFiとテザリングの使い方や用途が異なっている。

どんな人がポケットWiFiに合っているか、こんな人がテザリングに合っているかを考えてみた。

パソコンを持ち運んでいる人は

ポケットWi-Fiをおすすめする。

パソコンで仕事をする人は、メールやワードやエクセルなどのオフィス系のソフトを使って、インターネット上で共有しているなど、通信しないと仕事ができない環境だと、スマホのテザリングではなく、ポケットWiFiを選ぶべきだ。

テザリングをしてしまうと、仕事での通信量で使い切ってしまう可能性があるからだ。

ポケットWiFiなら1番安い料金で2480円で5GBまでの通信ができる。

タブレットを使っている人は

テザリングをおすすめする。

タブレットを持ち運んで、地図やグルメなどを調べるのには、タブレットはものすごく役に立つ。

スマホの小さい画面では見づらいが、タブレットの大きい画面なら、検索もしやすいし見やすい。

旅行やナビ代わりとしても使えて、ちょとしたことでタブレットを活用している人は、テザリングで十分な通信量だ。

まとめ

ワイモバイルのスマホもドコモやauと同じようにテザリングが使える。

しかし、使い方によっては、ポケットWiFiにした方が、料金はかかってしまうのだが、通信量を節約できる。

テザリングの使い方は、タブレットやパソコンで、ちょっとした調べものぐらいなら、大いに役に立つだろう。

動画やゲーム、アップデートなどのたくさんの通信量を必要とすることは、テザリングではしない方がいい。

すぐに速度制限がかかてしまう。


契約はオンラインストアで

ワイモバイルの契約なら、オンラインストアがってっとり早くて簡単だ。
わざわざ店舗に行かなくても、家で空いた時間に契約できるのがオンラインストアだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です