データプランLは月3696円で7GBの通信量

データプランL

 2015年10月1日から開始される、Y!mobile(ワイモバイル)の新しい料金プランが、データプランLです。

 このデータプランLとは、Y!mobileで販売されているタブレット専用の料金プランとなります。

 以前、9月まではタブレットでもスマホプランS/Lとして料金プランが提供されていました。

スマホプランS 4298円(1GB)/月
スマホプランL 6445円(7GB)/月

 タブレット端末は電話機能はなく、通信しかできません。

 必然的に通信を必要とするため、スマホプランSの1GBだけでは足りず、スマホプランLの7GBの方を選択しなければならない状況でした。

 通信のみで月6445円は高い。

 しかし、新しい料金プランであるデータプランLは、月々の料金が4196円と、スマホプランS並の料金で、月7GBまでの通信が可能になりました。

データプランL 4196円(7GB)/月

 ※端末代金やオプションを含まない価格。
 ※3日で1GBを越える通信を行うと、速度制限がある。
 ※当月、7GBを越える通信を行うと、速度制限がある。(翌月には解除)
 ※速度制限を戻す場合、500MBで500円の追加料金が発生。(要申込)

おトク割が適用で月3696円になる

 公式サイトには、データプランLの基本使用料が月3696円と掲載されていますが、その料金には仕掛けがあります。

 データプランLで契約することで、「おトク割」が適用されます。

 その「おトク割」ですが、契約した月から37ヶ月間、つまり3年間、月々500円を割引するサービスです。

データプランL おトク割適用時
4196円/月 3696円/月

 3年1ヶ月目には、通常の4196円の料金に戻ってしまいます。

契約期間は3年間

 データプランLの契約期間は3年間です。

 3年以内に解約したり、データベーシックプランLに変更したりすると、9500円の解約金が発生します。
 
 解約金が発生しない解約のタイミングは、更新月と呼ばれる期間中だけです。その更新月の期間を越えると、自動的に3年契約が成立してしまいます。

2015年8月1日に契約 2018年9月中(更新月) 2021年9月中(更新月)

 上記の表のように、契約した日付が2015年の8月1日なら、3年後の2018年9月中が更新月となり、解約しても、解約金が発生しない期間となり、解約するタイミングとなります。
 これが過ぎてしまうと、また3年後の2021年の9月まで、待たなければなりません。

 3年間の契約が煩わしいと思う方や、解約金を支払いたくないという方には、データベーシックプランLという料金プランがあります。

 年間契約をしないで契約するための料金プランです。

データベーシックプランL 5969円/月

 ※「おトク割」は適用されません。

 年間契約があるデータプランLと比べると1000円以上も高く、1年以上利用するのであれば、このデータベーシックプランLはおすすめしません。

 年間契約ありのデータプランLを1年で解約しようとすると、9500円の解約金が必要ですが、データベーシックプランLを解約する時は、解約金は発生しません。
 でも、月々の料金が1000円高くなり、1年間で12000円も余分に支払っているため、1年間の解約金の方が安くなります。

データプランLの使い道

 タブレット専用の料金プランですが、Ymobileで販売している製品を見ると、surface3専用の料金プランだと言えます。

 なので、surface3の購入を検討している方や、外でPCを扱う事が多い方など、あとはPocketWi-Fiを持っているが、ノートパソコンぐらいしか接続していない方などに、向いているプランではないでしょうか。


契約はオンラインストアで

ワイモバイルの契約なら、オンラインストアがってっとり早くて簡単だ。
わざわざ店舗に行かなくても、家で空いた時間に契約できるのがオンラインストアだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です