【2017年】ワイモバイルのヤング割がオトクで素晴らしい3つの理由

春が近づくと、子供が進学や進級する時期に合わせて、スマホを新しくするか、のりかえをして安くしようかと悩んでいる人が多くなる。

18歳以下の子供にスマホを持たせるのにちょうどいい時期は、1月の後半から5月末日がお得に安く契約できることを知っているだろうか。

それは学割があるからだ。

大手3社と言われるドコモ、au、ソフトバンクもそれぞれ学割のキャンペーンをしているのだが、あえておすすめするのならば、ワイモバイルの学割だ。

ワイモバイルのヤング割がオトクな3つの理由を、中高生のいるお父さんの気持ちになって、考えて見ようと思う。

ワイモバイルのヤング割とは

ワイモバイルのヤング割とは、1年間だけ基本料金から1000円割引をするキャンペーンだ。

誰にでも適用されるわけではなく、18歳以下のヤングたちだ。

18歳以下ということは、小学生から高校生までの子供たちで、主に学生を対象とし、安くスマホを使ってもらおうと、いつもよりお得に契約できる。

学生の子供がいるお父さんにとって、少しうれしいキャンペーンだ。

ワンキュッパ割で割引を2年間に

ヤング割は他の割引キャンペーンと併用できるので、ワイモバイルで新規契約、のりかえ(MNP)、機種変更をした人を対象に、ワンキュッパ割が適用される。

ワンキュッパ割は1年間だけ基本料金から1000円の割引をするキャンペーンだ。

ワンキュッパ割とヤング割を併用して適用させた場合は、ワンキュッパ割が優先されて、契約してからの1年間はワンキュッパ割の1000円の割引、そして次の1年間はヤング割の1000円の割引される仕組みとなり、2年間、ずっと1000円の割引を受けることができる。

ワンキュッパ割とヤング割は同時に割引できないことを覚えておこう。

ワイモバイルの基本料金

ワイモバイルの基本料金は、3つのスマホプランから使い方にあったものを選ぶ、シンプルでわかりやすい。

それぞれの違いは1ヶ月に使える通信料の多さで値段が変わる。

学生なら毎日、動画を見たり、音楽が聴き放題のアプリを使っていると通信料を多く必要とするだろうから、スマホプランM以上をおすすめする。

新規契約やのりかえ(MNP)で通信料が2倍に

ワイモバイルと契約すると、誰でも通信料が2倍なるキャンペーンをしている。

それを活用して、1ヶ月に使える通信料を増やして、できるだけ速度制限されないようにするといいだろう。

最大で14GBまで通信することができるので、よほどのことがない限りは、14GBもあれば十分だ。

ヤング割を適応した料金

18歳以下の学生ならば、基本料金からさらに1年間だけだが、1000円安くなる。

3000円で月6GBもの通信が使えるのは、約6000円で5GBのドコモやauと比べると、かなりお得だ。

しかし、1年以降はもとの基本料金に戻ってしまうので、高くなったと錯覚しないように注意が必要だ。

また、通信料の2倍キャンペーンも1年間で終了してしまう。今までと同じように通信をしていると、すぐに速度制限されてしまうので、これも気をつけなければならない。

ヤング割が適用される条件

ヤング割がオトクな3つの理由

ワイモバイルのヤング割は、新規契約やのりかえ(MNP)はもちろん、条件はあるのだが機種変更でも契約変更でも、18歳以下の使用者ならば、ヤング割の対象となる。

つまり、PHSやケータイ、旧プランで契約していた機種を変更して、18歳以下の学生に使わせると、ヤング割が適用される。

ドコモやauとは違い、ワイモバイルのヤング割のオトクな理由は、SIMカードだけの契約でも、使用者が18歳以下ならヤング割が適用されることだ。

ドコモやauではSIMカードだけの契約ができない、ワイモバイルだけの優れているところだ。

SIMフリーのスマホを持っているのならば、子供に譲って、ワイモバイルでSIMカードを挿すだけで使うことができる、毎月の料金をかなり抑えることができる方法だ。

ドコモやauでは基本的にWebサイトからの契約よりも、実際の店舗での契約が主流だ。

ワイモバイルは店舗数が少なく、スマホの在庫も少ないため、Web サイトのオンラインストアからの契約に力を入れている。

とても見やすくて、親切な作りになっているため、ネットで商品を買うように、必要な項目を入力して購入ボタンを押すだけで、家まで届けてくれる。

おすすめの契約方法だ。

家族割との併用でさらに安い

お父さんがすでにワイモバイルで契約しているのなら、家族割とヤング割を併用して、さらに安くすることができる。

ヤング割で1000円、家族割で5000円の合計1500円を1年間だけさらに安くすることができるのだ。

この機会にまだワイモバイルを使っていないのなら、子供のためを思って新規で契約するか、のりかえ(MNP)を考えてみてはどうだろうか。

たった500円の割引だと侮ってはいけない。

ヤング割でお得になるスマホ

ヤング割で通常料金よりも、かなりお得になるスマホを紹介しようと思う。

基本料金だけだと少し高いなと思ってしまいそうだが、どれも安心して使えて、高性能なスマホだ。

2年以上、丈夫に使い続けられるだろう。

下記の料金表は、ヤング割、ワンキュッパ割、家族割のすべて割引された価格にしている。

nexus6P

新規契約
スマホプランS 3218
スマホプランM 3758円
スマホプランL 5918円 
のりかえ(MNP)
スマホプランS 2678円
スマホプランM 3218円
スマホプランL 5378円 

nexus5X

新規契約
スマホプランS 3434円
スマホプランM 3974円
スマホプランL 5634円 
のりかえ(MNP)
スマホプランS 2894円
スマホプランM 3434円
スマホプランL 5594円 

SIMカード単体

新規契約
スマホプランS 1598円
スマホプランM 2678円
スマホプランL 4838円 
のりかえ(MNP)
スマホプランS 1598円
スマホプランM 2678円
スマホプランL 4838円 
まとめ

ワイモバイルのヤング割について、少しでもおわかりいただけただろうか。

春に向けて、子供が進級や進学するなり、スマホを持たせてあげようと考えたり、機種を変更したりする機会が増える。

もちろん、契約するのはお父さんだ。

毎月のスマホ代を少しでも節約するには、ヤング割のキャンペーンを活用して、賢くスマホの契約をしてほしい。

ヤング割を適応させる条件は3つだ。

そして、もっと安くさせるには・・・

家族割を適応させることだ。

これさえ、しっかりと覚えておけば、あとはワイモバイルの店舗に行かなくても、簡単にそして楽をして、オンラインストアから契約しよう。


契約はオンラインストアで

ワイモバイルの契約なら、オンラインストアがってっとり早くて簡単だ。
わざわざ店舗に行かなくても、家で空いた時間に契約できるのがオンラインストアだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です