ワイモバイルでもVoLTE(ヴォルテ)が使えるようになる

VoLTE

VoLTEとは、LTEの高速通信回線を使って、高品質な通話ができることをいう。

今までのスマートフォンは、3G回線で通話をしていました。この3G回線とは、ガラパゴスケータイいわゆるガラケーでの通話や、通信をするために使用されてきた回線だ。

ガラケーの規格で作られた回線で、高性能なスマートフォンが発売され始めた頃も、3G回線でネットや通話をするしかなく、かなり不便だった。

そこで、次世代の高速通信方式、LTE4G)が開発し、高性能なスマートフォンに対応させて、ネットの通信速度が比較的速くなり、快適になった。

でもそれは、あくまで通信の話であって、スマートフォンでも通話は3Gのまま。

通信は4G(LTE)で、通話は3Gと、回線の切り替えをしなければならないし、通信方式間で渋滞が発生してしまう可能性もある。

しかし、LTE(4G)を通話できる回線にすることで、通信方式間の渋滞を防ぎ、通話品質を上げ、声の遅延を緩和することができるのが、VoLTEなのだ。

通話品質は、PHSと同等ぐらいに跳ね上がる。

ちなみにPHSの通話品質は、CD並の音質だ。

VoLTE対応機種

対応機種 nexsu5X AQUOS CRYSTAL Y

上記の2機種のみ。

nexus5Xは、購入当日から使えますが、AQUOS CRYSTAL Y は、準備ができしだい、提供開始のようだ。

VoLTE開始日

2015年10月20日から、VoLTEの提供が開始される。


契約はオンラインストアで

ワイモバイルの契約なら、オンラインストアがってっとり早くて簡単だ。
わざわざ店舗に行かなくても、家で空いた時間に契約できるのがオンラインストアだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です