評判の悪いワイモバイルの通信エリアを実際にレビューしてわかったこと

ワイモバイルの通信や通話がどこまで繋がるのか不安という人は多いだろう。

ドコモ、auと比べてかなり料金が安いため、通信ができるエリアが狭いとか、電話がかけられないとか、不安はなくならない。

そこで、実際にワイモバイルのスマホを持って、繋がるかどうかの確認をした。

自宅、街中、さらに通信が危うい山間部と、3カ所で調べてきたので、この記事を見ると、どこまで繋がるか不安という気持ちが、必ず解消されるだろう。

ワイモバイルの通信エリアの評判

ワイモバイルの通信エリアについて、ネットで調べてみると、ドコモやauと比べ、繋がるかどうかの不安の声が多い。

さらに、ネットにはワイモバイルの評判について悪いことしか情報がでてこない。

これは実際に契約した人かもしれないし、そうではないかもしれない。

しっかりとした正しい情報を探して、自身で見極めるしかないのだ。

ワイモバイルの通信エリア

ワイモバイルの通信エリアは公式サイトを見る限り、かなり広い。

会社名はワイモバイルだが、通信エリアはソフトバンクも使えるため、かなりの広範囲で、繋がるだろう。

公式サイトの情報を信じて、自宅周辺、街中、比較的繋がりにくい山間部で、ワイモバイルの通信が使えるかどうかのレビューをしたいと思う。

使用するスマホ

ワイモバイルの通信エリアを確認するために、使うスマホはnexus5xにした。

nexus5Xにした理由は、ワイモバイルから販売されているスマホで、このnexus5Xが性能面にしても、作っているメーカーにしても、信頼できるスマホだからだ。

今後のワイモバイルを支えるスマホだと断言できる。

nexus5Xのレビューについては「ワイモバイル版neuxs5Xを買ったのでひとまずレビューしようと思う」を参考にしてほしい。

 自宅の繋がりやすさと速度

自宅にはWi-Fi環境が整っているので、Wi-Fiでの通信速度と、ワイモバイルの通信速度を計測してみた。

計測時に使ったアプリは「speed spot」だ。

他にも速度計測のアプリがあったのだが、このアプリがシンプルで分かりやすかったからこのアプリに決めた。

 自宅のWi-Fiでの通信速度

 ワイモバイルの通信速度

上記の速度の結果はワイモバイルのnexus5Xを使ったため、他の機種だともう少し違いがでてくるのかもしれない。

しかし、自宅のWi-Fiよりも、ワイモバイルの通信を使った方が、約17倍の速度の違いがでた。

ネットを開くときの体感速度は3Mbpsや53Mbpsだろうが、ほとんどわからない。それに、YouTubeを見るときの読み込みの速度も体感でが変わらなかった。

十分快適で、ストレスのない、満足のいく結果だ。

 街中の繋がりやすさと速度

外に出ると通信する上での障害物が多く存在する。

建物だったり、人が多くなるとスマホの通信が分散されやすくなるのだ。

そこで、京都駅構内で通信の速度を計測することにした。

京都駅は1日で67万人の利用者がいるので、いつ行っても、広い構内が人で埋まるほど、込んでいる。

 京都駅構内での速度

人が多い中、ワイモバイルの通信速度は、10Mbpsとなかなかの速度の結果となった。

これは意外な数値で、僕の予測では3Mbpsがいいところだと思っていた。

人が多くて通信が分散されても、ワイモバイルの速度は安定し、途切れることなない。

 山間部の繋がりやすさと速度

これが1番の不安要素だろう。

街で繋がるのは当たり前だとして、山のふもとや付近に住んでいる人にとって、通信の繋がりやすさや速度は、かなり重要なことだ。

計測しようとしている付近は、公式サイトでエリアを確認したところ、高速通信の4GやLTEには対応していないエリアとなっていた。
しかし、ケータイの通信方法として使われている3G回線は使えるようだった。

実際に、公式サイトのエリアと同じかどうかの確認もかねて、計測した結果。

 山間部での通信速度

nexus5Xのアンテナは常に3Gだが、通信をすると「H」に変わり、速度も6Mbpsと自宅のWi-Fiより速度がでていた。
「H」とは、「high-speed」のことで3G回線よりも速い速度がでる通信方法のこと。

しかし、時折「H」と「3G」に通信が切り替わるので、通信速度はあまり安定はしなかった。

ネットを使っていて、遅いなと感じはしないが、自宅のWi-Fiよりかは遅いかな。と思えるほどの体感速度だ。
YouTubeなどの動画視聴すると、かなり読み込み時間が長いと感じた。

ネットをするだけなら十分だが、動画を見ようとすると、遅いと感じてしまう。

山間部での通信速度の結果から、ワイモバイルの公式サイトに載っている通信可能エリアは、間違いではないようだ。

正確な情報だったため、かなり信頼していいだろう。

まとめ

ネットで悪い評価をしているワイモバイルの通信エリアの評判は、あまり信じない方がいいだろう。
悪いと感じる人の一意見として、参考にする程度でよい。

僕が実際に目で見て、ワイモバイル公式サイトのエリア情報も正確だったことが確認できた。

人の意見よりも、自身が何を見て、どれを信じるかが1番大切だと言えるだろう。
ワイモバイルの通信エリアは、品質もドコモやauとは変わらず、満足できる結果となった。
おまけに、料金が安いとなると、ワイモバイルを使わない方が損をするだろう。

おすすめのスマホは?


契約はオンラインストアで

ワイモバイルの契約なら、オンラインストアがってっとり早くて簡単だ。
わざわざ店舗に行かなくても、家で空いた時間に契約できるのがオンラインストアだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です