ヤング割のメリットとは? 他社と比較しながら考えよう。

ワイモバイルの学割、ヤング割についてどこまで知っているだろうか。

ほんとうにお得なの? 損はしない?

不安だなと思った人は、この記事を参考にすると必ず解決する。

ドコモやau、そしてSoftBankの学割と、ワイモバイルのヤング割を比較しながら、損をしないメリットを伝えようと思う。

ワイモバイルのヤング割とは

18歳以下が対象

ワイモバイルのヤング割とは、1年間だけ基本料金から1000円割引をするキャンペーンだ。

誰にでも適用されるわけではなく、18歳以下のヤングたちだ。

18歳以下ということは、小学生から高校生までの子供たちで、主に学生を対象とし、安くスマホを使ってもらおうと、いつもよりお得に契約できる。

1年間で、12000円安くすることができる。

2017年のドコモの学割 

25歳以下が対象

ドコモの学割は25歳以下の人が対象で、適用できる年齢が広く、1年間だけ基本料金から1000円割引をするキャンペーンだ。

条件付きで12000ポイント還元

ドコモのスマホの料金プランで、ウルトラデータパックLかLLに加入すると、毎月1000ドコモポイントを進呈してくれる。

最大で12000ポイントまでで、1ポイントで1円の価値があるので、12000円分の還元がある。

おいしい特典がもらえるかも

2017年3月から6月までの間、毎月おいしい特典を無料でもらえる。

まだ詳細なこと発表されてはいないが、おいしい特典とはおそらくクーポン券だろう。

この特典を受けるには、ドコモの学割に加入していること、dカード、dポイントカード、dカードGOLDのいずれか1枚を持っている人ではないと、対象にならない。

2017年のauの学割天国

18歳以下が対象

auの学割天国は18歳以下が対象で、スーパーカケホとU18データ定額20の固定された料金プランとなり、毎月の割引などはない。

18歳以下の学生で学割を適用させるなら、料金プランは選べず、固定の料金プランとなってしまう。

それ以外の料金プランと選ぶと、たとえ18歳以下でもあっても学割が適用されない。

家族が新規契約すると1000円割引

18歳以下の学生が学割を適用させると同時に、家族の人が新規契約をして家族割を組むと、毎月1000円割引される。

学割を組んだ18歳以下の学生の料金から毎月1000円の割引なので、新規契約した家族の料金が割引されるわけではない。

複数、学割と同時に契約しても、1000円以上の割引にはならない。

25歳以下の学割もある

25歳以下も学割を適用することができる。

学割天国U25では、自由に料金プランを選択できるが、データ定額20や30ではないと、毎月ずっと500円の割引がない。

データ定額20や30以外の料金プランでは、割引がまったくないので気をつけるポイントだ。

機種変更で10000円の還元

25歳以下の人が機種変更をすると10000円のキャッシュバックがある。

このキャッシュバックはポイントではなく、au walletカードにお金をチャージして還元されるため、au walletカードを持っていないと受け取ることができない。

2017年のSoftBankの学割モンスター

18歳以下が対象

学割モンスターでは18歳以下が対象で、料金プランも通話定額ライトとデータ定額 20GBの固定となり、毎月の割引などはない。

通話定額ライトとデータ定額 20GB以外のプランにしてしまうと、学割を適用することができないので気をつけよう。

家族が新規契約すると1000円割引

学割モンスターを適用させると同時に、家族の人が新規契約して家族割を組むと、19歳になるまで毎月1000円割引される。

割引の対象になるのは学割を適用した学生の料金で、新規契約した家族の人の料金は割引されず、複数人、同時に家族の人が契約しても、1000円以上の割引にならない。

25歳以下も学割がある

25歳以下でも、学割を適用することができる。

データ定額 20GBのプランを選ぶと、1年間だけ毎月1000円の割引がある。

データ定額 20GBのプラン以外を選んでしまうと、1000円の割引がないので、気をつけよう。

ワイモバイルのヤング割のメリット

18歳以下なら必ず割引

ワイモバイルのヤング割は、18歳以下ならば必ず1年間だけ1000円の割引が適用される。

auやSoftBankのように、学割と組むと同時に家族の人が新規契約すると1000円の割引が適用されるなど、1000円の割引までの道のりが長すぎるし、複雑だ。

それに、家族の人の料金はなんの割引もなく、料金が増えるだけで、お得ではない。

ワイモバイルはその点、とてもわかりやすい。

シンプルな料金プラン

ワイモバイルの料金は3種類から選ぶだけだ。

とてもシンプルで簡単。

しかし、ドコモ、au、SoftBankは学割を組むときの料金プランは固定されているが、内容がとても複雑だ。

1ヶ月に20GBまでの通信することができるが、たくさん通信をすると、どんどん料金が高くなる仕組みだ。

学生は料金の安さよりも、通信量の多さを求める傾向にあるのだが、料金を支払う親からすれば、あまりうれしくない。

その点、ワイモバイルは安い上に、シンプルな料金プランで、最大で14GBまで通信することができる。

もちろん、14GB使い切っても料金は高くなったりせずに、一定額で安心できる。

家族割でさらに安くなる

ワイモバイルは家族割を適用させると、ずっと500円安くなる。

家族割が適用されるのは、副回線からとなるため、2台目以降から毎月、基本料金から500円の割引がある。

au、SoftBankは学割を組むと同時に、家族の人が新規契約して家族割を組むことで、学生の料金から1000円の割引があるのだが、これはお得ではない。

学生の料金は安くなるのだが、新規契約した家族の人の料金は安くならなず、どんなに安いスマホのプランにしても毎月、6000円以上は支払いが発生する。

その点、ワイモバイルは主回線は安くならないが、2回線以降ならば、家族割で500円の割引が適用されるため、もともと安いリーズナブルな料金がさらに安くなるのだ。

ワイモバイルで家族の人が契約しても、毎月1598円から持つことができる。

まとめ

ワイモバイルのヤング割のメリットについて、少しでもわかっていただけただろうか。

ドコモ、au、SoftBankのそれぞれの学割と比較した結果、ワイモバイルが1番わかりやすくて簡単なのは明らかだ。

ワイモバイルで複数、契約した場合、料金がとても安いため家族3人で持ったとしても1万円以内には抑えることができる。

18歳以下の学生がいるのならワイモバイルのヤング割が1番お得だ。

それに、家族の分まで契約しようと思っているのなら、なおさらワイモバイルだ。

ワイモバイルはWebサイトのオンラインストアからでも契約できるため、とても簡単で楽ができる方法だ。

 


契約はオンラインストアで

ワイモバイルの契約なら、オンラインストアがってっとり早くて簡単だ。
わざわざ店舗に行かなくても、家で空いた時間に契約できるのがオンラインストアだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です